トップ学界報告→ライデンレポート1

ライデンレポート1

■IATS(国際チベット学会)もスイスで第1回目の集会(1977年)を開催してからすでに20年以上が経ち、同じチベット学のチョーマドケラスシンポジウムと合流してからでも5回目、都合8回の研究集会が今までに開催された。小野田は自宅が阪神淡路大震災で半壊した年に開催された1995年の Graz(オーストリア)大会は急遽キャンセルしたが、チョーマドケラスシンポジウムと合わせると5回発表している。今回の研究集会はオランダのライデン大学の関連施設WSD Complex (右写真)で開催された。

ライデン写真1
ライデン写真2

■5つの会場を同時に使って様々なテーマ(文学/歴史/仏教/論理学/美術/言語学/薬学/ラダック関係/大蔵経関連/等)のもとで研究発表が行われた。ラサからの参加者も会を追うごとに多くなってきたが、今回からはチベット語の通訳が発表会場についたこともあって、過去最大の人数がチベット本土から参加してきた。

■第1日目午前の開会式は281名収容されるWSD Complex 最大の 011号室を満杯にして行われた。今回の幹事役を務めた Hen Blezer 氏の司会の下でホスト団体としてのライデン大学国際アジア学研究所長やライデン大学長などの歓迎の辞のあと、会長のサムテンカルメイ氏(写真)が開会の挨拶をした。当学会の歴史を振り返りながら様々なテーマと関心を持った、政治体制を異にする27の国からの参加者が一堂に会する意義を英語とチベット語で述べて盛んな拍手を得た。

ライデン写真3

■第1日目の発表で注目された部会は Robert Barnett 博士の呼び掛けで集まった現代チベット人社会(亡命チベット人社会を含む)でのアイデンティティーに関する問題を扱うパネルであった。中でも論理学哲学の専門家である George Dreyfus博士が前々回大会に引き続き「宗教に基づくナショナリズムの形成」という重要な問題を取り上げ注目された。1950年前後から今日まで引き継がれているチベット独特のナショナリズムとその基本となっている宗教的統一感とでも言うべき要素について踏み込んだ議論を展開し、多くの質問を受けた。しかし会場に居合わせた中国からの参加者にはそのポイントが呑み込めないらしく、政治的な議論に発展しなかったのは、幸と考えるべきか不幸と考えるべきか?いずれにせよ人権以外のアプローチが登場する必要性を感じた。

ライデン写真4

■一般総合部会の発表会場ではこの学会のアカデミズムの牽引力とも言えるハンブルグ大学の David Jackson 博士(写真)が全く新しい分野であるチベット地区の大地震の文献的記録の収集への協力を様々な文献研究をしている会員への呼び掛けとして提唱した。会場からはパドマサンヴァバのサムエ僧院で見せた奇跡を地震の予知と結び付ける意見も紹介され和んだが、様々な文献記録特に厖大な高僧伝の中には大地震の記録は日付けとともに記録されるはずなので今回の呼び掛けに対する反応には大きく期待がもてる。正しく「チベット学の今日的意義」というべき発表であった。


■今回の数々の発表の中でも仏教研究という観点から注目されたのは、オーストリアやイタリアの研究者たちがここ数年の間、度重なる調査と研究で脚光を浴びつつあるカシミール地区のタボ寺やスピティ寺所蔵の写本大蔵経の研究報告であった。大蔵経研究の先頭を歩んできた Helmut Eimer 氏(写真)の近年の研究が、ネパール地方のムスタンのカンギュルに関するものに移ってきたのも、文献研究がもはや現地調査を抜きにしては成立しないことを語っているのであろう。これは26日平行して行われた2つの重要なパネル、Sino-Tib. Languageの言語学研究をリードする研究者や大蔵経の歴史に関する Eimer 氏のパネルでの発表者のほとんどがチベット語を話し現地調査を頻繁に行う研究者たちで占められていることを見ればわかる。ただしこれらの発表に鋭い質問を浴びせつつもあたたかい眼差しで眺めるハンガリーのロナタシュ氏やオーストリアのシュタインケルナー教授、そして前述のアイマー博士等先学の厳密なアカデミズムの蓄積の結果であることを忘れてはならない。

ライデン写真5

ライデン写真6

■上述したように大蔵経の歴史(つまりチベットの場合これは翻訳された写本の伝承の歴史という意味だが)を研究する上でタボ寺の写本が重要な位置を占めることは近年多くの研究者がその仕事に従事して成果を挙げつつあるが、今回のパネルの観点はさらにアメリカのニュージャージーにある Newark Museum 所蔵の23巻の写本群の研究が進み、それらが15あるいは16世紀にカム地方のパタンで編纂されたパタンカンギュルの一部であることが判明してきた。この研究は主として Peter Skilling 博士によって進められているが、複数の研究者がその中の特に経部の数巻について内容を検討し、アイマー博士の呼び掛けで今回発表した。

 ハンブルグ大学の Zimmermann 博士は『如来蔵経』の訳語を分析し、それらが『翻訳名義集』で規定される「欽定訳」ではなく、直訳に近い全く別の単語によって訳されていること、固有名詞については音訳の部分が多く目立つこと、等の特徴を指摘し、他の写本大蔵経との比較を試みた。ゲッチンゲン大学の Dietz 博士(写真)は『世間施設』をとりあげた。古来この文献が経部とすべきか論部に属すべきかはチベット大蔵経編集者の間で歴史的議論があったが、このパタンカンギュルのものは、ロンドン写本大蔵経所蔵のものと同じようにカンギュルつまり「経」と看做されており、用語の面から見てもロンドン写本や河口本、そしてトクパレス写本大蔵経のものと近いと結論している。


■色材の配合についての報告を行った小野田が所属した美術の部会では、ラサ大学芸術系教授のテンパラプテン氏が美術様式の変遷についての発表を行ない注目された。ネパール様式やチウガンパの様式の特徴についての氏独自の分析と見解に興味を覚えたのは小野田だけではないだろう。

→ライデンレポート2へ