最近、あなたがハマったアニメや音楽は何ですか?大ヒットした作品のウラには、メディアやスポンサー企業等のさまざまな思惑が隠されています。つまり、今あなたが興味を持っているアニメや音楽も、社会学への扉。その裏側を覗けば、社会の縮図が浮かんでくるのです。大場ゼミでは、作品がどんな意図で作られ、どのようにヒットしていったのか、その背景を探ります。以前テレビ局に勤めていた大場先生の学びはとにかく実践形式。3回生の夏合宿では、テレビ番組や映画、CMなどの企画を考え、合宿最終日にプレゼンテーションを行います。制作費、キャスティング、スポンサーなどを細かく設定し、実現可能な所まで作り込むことで実用レベルの企画力を養います。更に、関西のテレビ局を企業訪問し制作現場を見学したり、京都新聞に掲載される記事を実際に作成したり。メディアの仕事を疑似体験し実践力を身につけます。もしかしたら、将来はあなたが世の中に仕掛ける側になっているかもしれません。

テレビ局を訪問し、番組制作現場の裏側や、社員の方がどんな働き方をしているのか見学してきました。
「京都新聞プロジェクト」では学生が企画・取材・撮影・記事作成までのすべての作業を行いました。

私の研究テーマ

日下千恵子さん(4回生)
就職先:アミューズメント業界

歌って踊って笑いもとれる。声優がアイドル化する理由とは?

最近では声優がCD を出してコンサートを行ったり、バラエティ番組に出演したりと大活躍しています。私はこのブームの裏に、なにか仕掛けがあるのではないかと思い調べることにしました。カラクリを紐解いていくと、花の82 年組のアイドルブームがあったからこそ、声優のアイドル化が起きたなど、他の業界の事情が複雑に関係している事がわかってきたのです。ヒット製品の過程を一つ一つ紐解き明かしていくのがとても面白く、卒業リポートは楽しみながら書き上げることができました。

そのほかに、こんなゼミもあります

情報・メディアコース大場ゼミ