身体は本当にマイペース。お腹は空くわ、寝癖はつくわ、大事なときでも病気になるわ。私たちは日々、この身体を養い、手入れし、律しようと悪戦苦闘しています。でも、身体をどうにかコントロールしようとしているのは、私たち個人だけではありません。「社会」もまたそうです。香西ゼミでは、トクホ(特定保健用食品)やうつ病、予防接種、出生前診断、再生医療など、医療を中心としたさまざまなトピックを議題に選定。グループワークやディベートなどを通して深く掘り下げることで、「社会」が身体をどのように扱い、扱おうとしているかを考えています。

災害の現場を体験するため、京都市市民防災センターでフィールドワークを行いました。
モニターに映し出された火災に消火器を噴射!地震や強風を体験できるプログラムにも参加しました。

私の研究テーマ

鷹塀圭太さん(4回生)
就職先:食品メーカー

女心を理解したくて調べた男性脳・女性脳。見えてきたのは…。

卒業リポートのテーマを選ぶ頃に彼女ができたのですが、女性の気持ちを察するのは大の苦手。そんなとき、本屋で男性脳と女性脳について書かれた本を発見し、卒業リポートのテーマに即決しました。ただ、調べを進めるうちに、脳の構造の差から、行動や考え方の性差を説明するのは飛躍だと気づき。さも医学的な根拠があるかのような語りの胡散くささは、敏感に察知できるようになりました。

そのほかに、こんなゼミもあります

共生・臨床社会コース香西ゼミ