卒業生からのメッセージ

看護学科

京都大学医学部附属病院
看護部

看護学科 2016年卒業

患者さんの「ありがとう」の言葉に、
看護師としての成長を実感しています。

皮膚科、整形外科、初期診療救急科の混合病棟に勤務して1年が経ちました。患者さんの「がんばって」の声が「ありがとう」に変わってきたことに気づき、ようやく一人前になれたのかと実感しています。在学中に印象に残っているのは、さまざまな臨床の場で体験した臨地実習。行動の根拠を求められるたびに学んだことに立ち返り「なぜ?」と自問。その過程で看護の知識が実践力へと磨かれていくのを感じました。今でも患者さんが話しかけやすいように余裕をもって接するなど、実習での経験をもとに患者さんと向き合っています。

  • 一覧へ戻る