卒業生からのメッセージ

作業療法学科

花ノ木医療福祉センター
リハビリ係

作業療法学科 2014年卒業

何を思い、何を求め伝えているのか。
細やかに見つめる作業療法士へ。

4年次の「総合臨床実習Ⅱ」で重症心身障害のある方を担当し、この領域に興味をもちました。現在は、重症心身障害児・者入所施設で子どもから大人まで幅広い年齢の方々の作業療法を担当しています。感情を表現する手段が限られている方が多いため、何を思い、何を求め、何を伝えているのかを多角的に見つめる必要があり、そこにやりがいと奥深さを感じる日々です。今後も大学時代にグループワークを通じて養ったコミュニケーション力を生かし、他の専門職やご家族と連携して細やかな支援をめざします。

  • 一覧へ戻る