卒業生からのメッセージ

理学療法学科

一般財団法人 京都地域医療学際研究所 がくさい病院
理学療法学科 2016年卒業

実践的な学びを臨床現場で生かし、
退院後の患者さんに質の高い暮らしを。

回復期リハビリテーションに力を入れる病院に勤務しています。重症の方が多いため、内科的な知識も不可欠。大学時代に諸領域の理学療法学を学んだ意義を実感するとともに臨床経験豊かな先生方のおかげで呼吸ケアや移乗動作などの実践力が身についたと感謝しています。まだまだ先輩方の指導を仰ぐ立場ですが、担当の患者さんが着実に回復し、孫の結婚式に出席する夢が実現したときは大きな喜びを感じました。今後は、訪問リハビリを通じて地域で暮らす生活期の患者さん支援にも取り組みたいと思います。

  • 一覧へ戻る