卒業生インタビュー&就職実績

公共政策学科

茨木市職員
公共政策学科 2017年卒業

市民の身近な立場で子育て支援事業に携わり、暮らしを支えたい。

地方施策の問題点や課題を学ぶ中で、人に近い場所で生活を支えているのは地方自治体だと感じていました。また、卒業論文で子どもの貧困をテーマにしたこともあり、教育・子育て支援事業に力を入れている茨木市役所に入職しました。現在は子育て支援課で他部署や国・府からの依頼への対応や、予算・決算管理といった庶務業務を担当。佛教大学で学んだ戦後から現在に至るまでの国の政策の動きや総合計画、また、それに連動した自治体の都市計画などのさまざまな知識は、公務員として働く上で役に立っています。

就職実績

  • 一覧へ戻る