卒業生からのメッセージ

仏教学科

大阪府警察堺警察署
地域課

仏教学科 2016年卒業

固定概念を取り払い受容性を高く保つ。
その姿勢が警察官という職業で生きる。

警察官として交番に勤務し、地域パトロールや落とし物の受理、110番の対応などを行っています。この仕事にとって、「聴く」スキルがとても大切。例えば、意見の食い違いが原因となりやすいトラブル相談に対し、警察官に固定概念があると中立になれず相談に乗ることができません。客観的かつ冷静な姿勢を保ち、仏教の学びで得た高い受容性と柔軟な姿勢を生かし、慈しみを持って対応することを心がけています。今後はもっと刑法知識を身につけ、犯罪に対する判断力を研鑽し、防犯に尽力したいと思います。

  • 一覧へ戻る