研修旅行

別科(仏教専修)におきましては、2年に1度、海外への研修旅行を行っています。これまでインド・中国・タイ・カンボジアなど、おもに仏教と関連する国々を訪れてきました。日本とはことばも文化も異なる国のさまざまな仏教のありようを実際に肌で感じてくる、まさに"体感学習"です。これは大学の教室では学ぶことのできない生の体験として重要な行事となっています。

(過去10年間を掲載)

インド研修旅行

平成28年度:平成28年11月1日~11月10日
平成26年度:平成26年11月4日~11月11日
平成24年度:平成24年11月3日~11月11日
平成18年度:平成18年11月1日~11月10日

釈尊の聖地を中心に訪れ、釈尊誕生の地であるルンビニへも足を運びました。釈尊成道の地ブダガヤと釈尊入滅の地クシナガラでは法要を勤めさせていただきました。また、ガンジス川での沐浴風景を見学するなど、有意義な研修旅行となりました。

中国研修旅行

平成22年度:平成22年11月1日~11月8日

雲崗石窟、懸空寺、應縣木塔、兵馬甬坑博物館、香積寺等を訪れ、曇鸞大師、道綽禅師、善導大師ゆかりの地、玄中寺でお勤めさせていただきました。また、中国で初めて建てられた仏教寺院といわれている白馬寺を訪れました。

タイ・カンボジア研修旅行

平成20年度:平成20年11月1日~11月6日

カンボジア、アンコールトム、アンコールワット、クパール・スピアン遺跡等を見学、タイでは寺院の前へ行きタイの僧侶の托鉢を見学するなど、有意義研修旅行となりました。