日本文学科

多くの本物に触れて本物をめざす。

日本文学・日本語学・書道文化に関する質の高い専門的知識を身につけ、卒業後、教育や出版など幅広い分野に生かすことを目標としています。
1年次から、本物の文献などに触れる原典体験をはじめ、実技・演習を取り入れた専門教育を展開。
地域の歴史・文化と文芸の関わりを理解する科目や、異文化理解を深め、総合的教養を身につける科目も開講しています。

日本文学科 アイキャッチ画像
  • 学科紹介
  • 教員紹介
  • カリキュラム・シラバス
  • ピックアップ1
  • ピックアップ2
  • 卒業生からのメッセージ

授業ピックアップ

王城の文学(古典)・京都の文学(近現代)

王城の文学(古典)・京都の文学(近代)

京都という土地は、古典文学はもちろん、多くの近代文学の舞台となってきた場所です。
せっかく京都の大学で日本文学作品を学ぶのならば、作品の舞台となった土地を訪ねてみない手はありません。実際の土地を訪ねてみることによって、その作品がその舞台に何を託して表現しようとしたのかが具体的に理解できることも多いのです。
日本文学科では、文学作品を読み解きながらその舞台を訪ねるというフィールドワークを取り入れた授業を、古典と近現代それぞれの分野でもうけています。
日本文学作品を手に、いざ、作品の舞台へ!

視聴覚日本文学(古典・近現代)

視聴覚日本文学(古典・近現代)

文字で表現される文学作品は、想像力を自由にめぐらせて読むことができる面もありますが、一方、映像を伴わないため、古い時代の生活様式などが視覚的に想像しにくい場合もあります。
そうした疑問も、文学作品を原作とする映像化作品を視聴することで氷解する場合があります。百聞は一見にしかず、というわけですね。
文字表現と映像表現は基本的には別のものですが、両者を比較して味わうことで、作品世界をよりリアルに想像する力をつけるのが、この授業の目的です。
よく時代考証された映像作品をぜひ味わってみてください。

卒業研究テーマ例

  • スサノヲ神話をめぐる記紀の比較研究
  • 『平家物語』の死生観
  • 『春琴抄』における谷崎の美的観念 ―佐助と春琴の関係を通して―
  • 夏目漱石「こゝろ」論
  • 源氏物語「雨夜の品定」における女性観とその意義
  • 高校国語教材としての井原西鶴作品
  • 顔真卿の人と書 楷書作品を中心に
  • 海外からみた日本俳句の魅力
  • 京ことばにおける若者に使われる言葉と使われない言葉
  • 児童文学書におけるオノマトペの日英比較
  • 芥川龍之介『羅生門』に見る善悪観
  • 宇治拾遺物語におけるお伽話
  • 随筆文学における季節感 ―枕草子と徒然草―
  • 川端康成『雪国』論 ―駒子と葉子の関係性について―

学部・大学院