4年間の学びのシステム

卒業のためには、どの学科も、4年以上在籍すること、決められた履修方法で124単位以上修得することが必要です。2004年度からのカリキュラムでは履修の仕方の大きさ枠として、<A>共通科目と基礎科目から30単位以上、<B>基礎科目を除く専門科目から64単位以上、という約束がありますが、<C>124-(<A>+<B>)の単位は、どの領域から学んでも良いことになっています。語学を集中して学びたい人は共通科目の語学科目を多く学修する、専門を広げたい人は発展系の領域から多く学修するという学び方ができます。

A:共通科目・基礎科目から30単位以上+B:専門科目(基礎科目除く)から64単位以上+C:どの領域からでも=合計124単位以上

A 必修とされている建学の精神に係る科目と語学、そして学修目的に応じて選択するスポーツ、キャリアアップと専門の基礎になる人文・教育・社会・福祉などの科目が配置されています。
共通科目履修表
B 学部科目に加えて、専門を広め深める科目が学科科目・コース科目として学科やコース別に配当されています。
C 入学した学科の科目だけでなく、他学部・他学科・他コースの科目を履修できるものが多く、幅広い学問領域にまたがって学修することもできます。

科目履修の流れ

4年間の科目履修の流れ

学部・大学院

  • 仏教学部
  • 文学部
  • 歴史学部
  • 教育学部
  • 社会学部
  • 社会福祉学部
  • 保健医療技術学部
  • 大学院 文学研究科
  • 大学院 教育学研究科
  • 大学院 社会学研究科
  • 大学院 社会福祉学研究科
  • 別科(仏教専修)
  • 共通科目履修表
  • 4年間の学びのシステム