社会福祉学専攻

  • 専攻紹介
  • 教員紹介
  • カリキュラム・シラバス

キャリアアップ、高度社会福祉専門職・研究者養成をめざして社会福祉研究の今日的課題に積極的に応えるカリキュラムを用意。

発達福祉系と地域福祉開発系を柱にカリキュラムを編成

①発達福祉系(出生から乳幼児期、学齢期、青年・成人期、高齢期に至る全ライフステー ジを対象に、当事者・家族・地域課題への具体的・実践的対応を総合的・専門的に研究) と、②地域福祉開発系(グローカルな角度から関連諸領域を包括する福祉政策、社会福 祉開発について総合的・専門的に研究)の二つの柱からなるカリキュラムで、社会福祉高 度専門職とスペシフィックな高度研究職を養成する大学院教育をめざしています。

論文の作成を支援するための親身な指導体制を整備

修士論文・博士論文の作成を支援するために、個別指導とともに関連領域を研究する教員の集団指導体制も組んでいます。
自宅での研究が中心となる通信教育課程においては、テキスト履修においてリポート作成と担当教授の指導を受け、スクーリングでは少人数授業を通じて徹底的に議論する場が提供されます。また、修士論文作成時の個別指導では大学院教育の醍醐味を十分に満喫することができます。

研究テーマ・論文題目(修士・博士)(抜粋)

これまでの修了者のものより抜粋しています。

  • 社会的孤立の実態とその課題 ひとり暮らし高齢者の生活実態から
  • 介護の労働環境と専門性に関する研究 -実践場面調査からの考察-
  • 男女が共に育児役割を担うための実践モデル構築に関する研究 -父親の育児参加促進プログラムの開発と研究-
  • 発達障がいのある学生の介護福祉士養成における専門職として課題の明確化とその解決における支援のあり方の一考察
  • 介護保険における居宅介護サービス計画(ケアプラン)の自己作成についての調査
  • 社会福祉協議会における組織化活動の課題 ~社協ワーカーの組織化支援プロセスに着目して~
  • 子ども・子育て支援新制度の下での保育の多様化・多元化に関する研究
  • 特別支援教育のゴールは就労か
  • 知的障害者の地域生活支援を支える相談支援における課題 -家族、地域を含んだ包括的相談の重要性への認識-
  • 社会福祉専門職の卒後教育に関する研究 -自己教育力醸成への実践共同体の可能性
  • 精神保健福祉システムのパラダイムシフト -“病院中心型”から“地域協同型”への移行をめぐって-
  • 社会福祉理論における補充・代替論の意義と再考 ~孝橋理論をめぐって~
  • 日本における障害者の社会的包摂に関する研究 -政策評価研究の観点から-
  • 障害者の就労に関する社会的支援のあり方についての考察 -労働と福祉の融合をめざす実践的アプローチの検討-
  • 「家族支援」からみた子育て支援の一研究
  • 障害者相談支援における「実践課題の政策化」の理論形成に関する研究-ソーシャルワークと自治体福祉政策の発展-
  • 高齢者虐待の人権的・法的視点からの研究
  • 介護現場の離職傾向を打ち破るための一戦略 -専門性を発揮し、働きがいのある労働にするために-
  • 「在宅高齢者の終末期ケアのより良い体制の構築にむけて」
  • 重度の身体障害と知的障害を併せもつ人たちの生活実態と課題 ~母親の語りを通して当事者の健康で文化的な地域生活保障を考える~
  • 住民生活を守る地方自治と公務労働のあり方に関する一考察 ~一地方都市の実態を踏まえて~
  • 過疎・高齢自治体における災害時要援護者対策 -民生委員への情報提供を中心に-
  • 愛媛県におけるスクールソーシャルワーカー活用事業の現状と課題 ~教育と福祉の連携に向けて~
  • 権利としての「放課後の居場所」の一考察 -「学童保育」の歴史から