s

臨床心理学専攻

  • 専攻紹介
  • 教員紹介
  • カリキュラム・シラバス

「臨床心理士」養成に関する第1種指定大学院。
心の専門家に求められる高度な能力を育成します。

心理、教育、医学、福祉の幅広い分野で活躍できる教育訓練プログラムを提供

〈臨床心理学専攻〉のカリキュラムは、心の病の改善と心の健康生活に寄与しようとする臨床心理学に基づき構成されています。専任指導教員(臨床心理士有資格教員、医師有資格教員含む)に加え、本学所属の臨床心理学研究センターにおける臨床心理士有資格専門スタッフが助言・指導を行います。また、心の専門家である「臨床心理士」の資格取得のための受験資格が本専攻の修了により付与されるようになっています。博士後期課程では研究者養成を目的とした教育も行われています。

研究テーマ・論文題目(修士・博士)

これまでの修了者のものより抜粋しています。

  • 子育て相談における母親の性格傾向と子の認知の関連について
  • 薬物使用者の心理的特性とその支援について-特にアルコール依存者を中心として-
  • 不登校経験者の職業アイデンティティ形成過程に関する研究
  • 中年期以降にキャリアチェンジをした臨床心理士のアイデンティティ再構築過程について
  • 自閉症スペクトラム児をもつ母親の心理的経験-乳幼児期から就学前後まで
  • 大学生の授業出席と欠席に至るプロセスとその要因についての質的研究
  • 青年期の自己愛と自己対象体験との関連
  • 親のジェンダータイプが子どもに及ぼす影響
    家族機能および子どもの「なりたい親」の観点から
  • 心理臨床における粘土表現の体験的基礎としての「粘土性」の検討
  • 主観的感覚から考察する「傷ついたこころ」
  • ストレスと攻撃性の抑制について-性格特性との関連-
  • 小学校の授業場面における教師および子どもの行動分析
  • 居場所がもつ二面性に関する研究-『居心地』の観点からみた居場所-
  • 小学生男児における学校生活での問題行動に対する行動変容
  • 主体の身体への関わり方に関する心理臨床学的研究
    -思春期・青年期における身体感覚への意味づけプロセスという視点から-
  • 境界性人格障害と自我構造-「枠のない境界例」と「枠のある境界例」-
  • カウンセリングにおける宗教性-アニミズム的汎神論的宗教性とトポス-
  • Squiggleにおけるイメージコミュニケーションプロセスの分析
  • 青年における思春期イニシエーション体験の意義について
  • 学童保育における挨拶行動への行動的介入
    -SSTとトークンエコノミーを用いて-
  • 青年期における現在と理想の家族イメージから家族を考える
    ~家族イメージ法と幼少期の絵本の読み聞かせ体験を手がかりとして~
  • バウムテストの根の一研究-根と愛着の関連について-
  • 大学生における対人恐怖心性と親とのコミュニケーションの関連について
  • 社会不安によって生じる安全確保行動に関する研究
  • 青年期における同一性地位とストレスコーピング及びレジリエンスの関連
  • 収支表によるギャンブル行動低減効果の検討
  • 擬似体験がもつ発達障害理解と支援への効果
    -書きにくさ体験からの学習障害理解-
  • 思春期から中年期にかけての痩身願望に関する横断的研究
    -“母親になること”が痩身願望に与える心理的影響について-
  • 大学生における両親との関わりによる自己受容の変化
  • 箱庭制作者の主観的体験に対して多元的方法を用いた質的研究
    -M-GTAによる促進機能に関する理論生成と単一事例質的研究による系列的理解を中心に-
  • ひきこもり状態からの「回復」に関する一考察
    ~ひきこもっている状態から「一歩」を踏み出した人の「今」から考える~
  • 子どもおよび育児に対する母親の否定的感情と肯定的感情の揺れについて
  • 社員研修における集中内観が職場の対人認知に及ぼす変化
  • 新版K式発達検査を通して、発達障害成人のアセスメントを考える