歴史学専攻

  • 専攻紹介
  • 教員紹介
  • カリキュラム・シラバス

世界史的・人類史的な視野からの歴史学研究を通じて、歴史学に関する広汎で高度な専門的知識や分析・研究の技能を活用できる人材を養成しています。

世界史的視野に立った、広汎で高度な歴史学に関する教養

近年の歴史学研究は、政治・経済・文化の国際化、少子化、環境・資源問題などの社会環境の変化のなかで、一国史的な枠組みが解体しつつあり、研究・学修環境の国際化・学際化に対応して世界史的・人類史的な視野からの研究が必要になっています。専門科目の学修を中心としながら、近接分野の知識を広く学修して、多様な研究視角や研究方法に関する基礎的知識を身につけ、自らの研究を広い視野で位置づけます。

研究に必要な基礎能力や技能の涵養

より広い視野から高度な歴史学の専門知識を習得し、独創的な研究方法を確立するために、歴史学に関する高度な専門知識と学際的な知識、専門領域や近接関連領域の研究状況・研究到達点や研究成果を踏まえて、文献読解の高度な語学力と史資料の収集・分析などの研究技能、専門的な研究の視点・方法、分析・総合の方法、立論の方法を学修し、歴史学に関する視野の広がりや研究的思考の深化を図ります。

実践的な学問への展開

歴史学に関する高度な教養を身につけた人(職業人や研究者)に求められるのは、理論と実務をつなぐことのできる実践的な能力、すなわち専門的・学術的な事項を利用可能な形で社会に広く発信できる能力です。そのために、フィールドワークなど体験型の学修や、史(資)料を情報源として取り扱う知識や実践的技能の修得、歴史情報として社会に発信する史(資)料や調査・研究の成果などを情報化するための学修を進めます。

研究テーマ・論文題目(修士・博士)

これまでの修了者のものより抜粋しています。

  • 王政復古へ向けた三条実美の活動と役割
  • 戦間期日本の対外宣伝事業 -国際観光局を中心に-
  • 古代土地制度の変遷と天平元年の班田
  • 京都祇園祭における休み山の復興
  • 現代社会における産育儀礼の意義と変遷
  • 和歌山藩の兵制改革について
  • 平安時代における皇太子の研究 -立太子儀を中心として-
  • 「中世王権神話」としての『玉藻前物語』 -文明二年本を中心として-
  • 南部伊豆諸島における暮らしの変容と巫俗
  • 日本の植民地支配と朝鮮通議員の役割 -松山常次郎の活動を事例に
  • 台湾における地震記念碑とその歴史的意義
  • 有志の時代 -明治維新政治史に関する一試論-
  • マルチスケール分析を中心とした地震被害と発生要因の研究
  • 日本中・近世の地域社会と寺院の研究 -京都・近江を中心に-
  • 伊勢斎宮の基礎的研究
  • 山岳信仰における神仏と参詣地の研究 -相模大山を事例に-
  • 淀川における河川漁撈の環境民俗学的研究
  • 近世大名家における誕生と育児 -『加藤家文書』を通して-
  • 茶道史 喫茶の文化史 -「茶」から「茶道」-
  • 近世加賀藩における大石寺信仰禁教令をめぐる一考察
  • 箕をめぐる伝承と呪術性
  • 中国残留邦人の帰還に向けた議会の取り組みについて
  • 中国山地におけるたたら吹き製鉄遺跡の構造と地域性
  • 保元の乱、平治の乱における大庭氏の動向について
  • 中世東国社会における仏事儀礼の展開 -中陰・月忌・年忌仏事を中心にして
  • 明治後期・大正期における本郷教会の活動と組織について
  • 『日本書紀』講書の変遷に関する考察
  • 北斗信仰と死の儀礼 -中国の事例を中心に-
  • 幕末期における公家の意見申し立て
  • 摂関期における近衛府下級官人の研究 -職員・職掌・人事-
  • くじゅう連山の山岳信仰をめぐる歴史と民俗
  • 近代日本の山村部落における青年団 -山形県及位村 塩音川向上会「自治」と「会員相互の向上弥栄」
  • たたら製鉄による中国山地の開発に関する歴史地理学研究
  • 鎌倉時代河内鋳物師の東国進出について
  • 「甲賀三郎の狩猟神的性格について」
  • 日光例幣使と上州玉村宿の人々
  • 阪神大水害にみる災害文化の継承について -表六甲地域に残された記念碑・慰霊碑を中心に-
  • 近世後期における真宗移民をめぐる寺院の役割
  • 田中久重と技術の継承 -時計からからくり人形、そして電信機-