仏教学専攻

  • 専攻紹介
  • 教員紹介
  • カリキュラム・シラバス

インド・チベット・中国・日本の仏教および法然教学・浄土学・仏教文化に関する高度な専門的知識と研究能力を持つ人材を養成します。

専門の知識を高度に養いながら、仏教文献の解読や思想の分析を中心とする仏教研究を推進しています

2500年前の古代インドに誕生した仏教は、アジア各地のさまざまな文化と融合して変容をとげながら、それぞれの地に膨大な量の仏教文献を残しました。仏教学研究の領域においては、修士課程で経典や律典といった仏教聖典、あるいは仏教思想家の著作などのアジア各地に残された仏教文献を解読し、その思想を分析することを中心に取り組みます。また博士課程では文献を選んで指導教員のもとで解読研究を行い、その思想を分析して各自の言葉で論述することが基本となります。

教学思想・教理史から、信仰・実践論にいたるまで浄土宗学・浄土教学研究のさらなる展開と深化をめざしています

浄土学研究の領域でははじめに浄土教学そのものの特質を明らかにし、仏教学はもちろん、関連分野とも比較して学際的に浄土学を位置づけ、浄土学研究方法を示します。同時にインド・中国・日本の仏教を通観する研究眼を養い、とくに浄土教の流れや諸相を正しく把握して、インドに発生し中国と日本において熟した阿弥陀仏信仰に関する理解のもとで、純粋浄土教の研究のさらなる展開と深化をめざします。原典研究と資料の吟味には徹底を期し、教学・教理・思想はもちろん、信仰実践論にいたるまで幅広い研究分野と研究方法を培って学生の研究指導に取り組む指導を行います。

多様に展開・表現された仏教文化を通じて、永遠なるものを求めてやまない「人間」の姿を学びます

仏教文化研究の領域では、日本を中心としつつ、アジア全般にわたる広い視野から「文化現象としての仏教」を研究します。歴史記録、文学作品、経典注釈などの文献資料や、絵画、仏像・神像などの美術資料、あるいは習俗や民間的な祭祀、行事などの民俗資料を対象に、思想史、文化史(美術学・書誌学)などの方法論を駆使して、仏教学、宗教学、歴史学、国文学、民俗学などに限定されない領域横断的な関心と視野の中で究明する知の実践が特徴です。永遠なるものを希求していく「人間」の営みを学びます。

研究テーマ・論文題目(修士・博士)

これまでの修了者のものより抜粋しています。

  • 『初期仏教における平等と差別』
  • 業思想の展開 -『日本霊異記』を中心に-
  • 源智と法然 -その関係性について-
  • 近世浄土宗の研究 大原問答を中心に
  • 『詳説絵画技法』に概説される仏画様式の歴史とメンタン画派
  • 近世浄土宗における伝法 -特に布薩戒を中心として-
  • 初期仏教における比丘尼たち -『テーリーガーター』を中心として-
  • 苦痛からの脱却 ~仏教における「苦」と医療における「痛み」~
  • 『スッタニパータ』にあらわれる無明
  • 平等院鳳凰堂雲中供養菩薩像の存在意義について
  • 「聖なるもの」と住まうこと
  • 奈良・法華寺十一面観音立像についての一考察
  • シャカ族滅亡の伝説にみる不殺生戒の特質と意味
  • 『スッタニパータ』にみる業報輪廻思想について
  • 法然の布教と教化
  • 法然の三昧発得思想
  • 初期仏教経典から推測・判断されるゴータマ・ブッダの説法の特性に関する一考察
  • 法然における一念往生と念仏相続
  • 浄土教における業思想
  • 初期仏典より見るUttarakuruの研究
  • 仏伝文献に見るアラーダ・カーラーマ
  • 唐代の幡とその織物について
  • 本居宣長の言語観と僧契沖 -『和字正濫鈔』漢文序をめぐって-
  • 知天眞解『病堂策』における仏教と医療 -江戸中期・松坂を中心として-
  • 『神祇講式』の言説と儀礼
  • 養鸕徹定の研究 -『古経堂詩文鈔草稿』を中心として-
  • 日本仏教における「論議」の展開
  • 種子説の研究 -説一切有部から瑜伽行派に至る種子(Bija)の変遷-
  • 黒田真洞の思想とその影響
  • 法然における菩提心についての一考察 -バルト神学を通して-
  • 初期仏教における「平等」について
  • インド仏教教団における僧侶の日常
  • 原始仏教経典の原典解釈に関する研究 -アッタカ・ヴァッガの翻訳比較を通して-
  • 江戸中期の京画壇にみられる個性的絵画の誕生について -仏教との関わりを中心として-
  • 針供養と民間信仰
  • 『瑞夢記』にみる弁財天の浄土思想 -箸尾満嶋弁財天を中心に-
  • 飛鳥・白鳳期 -仏教と人々の葛藤
  • 芭蕉と仏教
  • 環境思想としての西田哲学
  • 常啼菩薩求法譚の研究