教育学科

教育現場で理論を検証し理想の教員像をめざす。

開設45年以上の歴史をもち、多くの卒業生を輩出しています。
理論と実践を融合させた独自のカリキュラム編成で教育現場に精通した教員が、少人数制で丁寧に指導。
同時に実践プログラムを体験しながら、教育・保育の理論を吸収していきます。社会の多様なニーズに対応できるようにと、複数の教員免許状や資格取得をめざす学生が多いのも特徴です。

学科紹介動画はこちら 教育学科 アイキャッチ画像
  • 学科紹介
  • 教員紹介
  • カリキュラム・シラバス
  • ピックアップ
  • ゼミ紹介
  • 卒業生からのメッセージ

教員の著書紹介

「食で楽しむ年中行事12か月」
著:髙橋 司
定価:1,944円(あいり出版)
「飽食」の時代から「崩食」の時代へ。現代は地域の多様性や豊かな味覚や文化の香りあふれる日本の”食”が失われる危機にあると言われています。その崩れつつある食を回復させるには、ひとえに日本の伝統的な行事とそこにまつわる行事食を見直すところから始まると思います。それぞれの地域で育まれてきた「行事」や「食」に目を向けてください。そうすることで私たちの築き上げてきた行事や食の伝統のすばらしさをあらためて確認することができます。これからの未来を生きる子どもたちのために、日本の伝統行事に触れ、それにまつわる食文化を伝えていきたいものです。
食で楽しむ年中行事12か月
「音楽科における教師の力量形成」
著:高見仁志
定価:5,000円+税(ミネルヴァ書房)
他の教科にくらべ授業の成立という点において非常に脆弱性を有している「音楽科」。
音楽科授業を展開することがますます難しくなっているなか、教師が困難を克服し、力量を形成し高めていくための方策を探る。
①新人教師と熟練教師の力量の差異を教師の思考に着目、
②養成期、新人期の力量形成を促進する理論を展開、熟練教師になるための力量形成の構造と要因を探る。
③音楽科授業中の教師の力量を高めるプログラム、音楽科に携わる教師としての発達・成長を促進させるプログラムを提言する。

[ここがポイント]
○ある音楽科授業の開始から終了までの全場面に着目、教師の瞬間の思考を詳細に分析する。
○小学校音楽授業を行ってきた教師が、どのようにして力量を形成していくか、成長に拍車がかかる時期に着目し、その過程を追った。
音楽家における教師の力量形成
「生涯学習時代の生徒指導・キャリア教育」
編:西岡正子・桶谷守
定価:2,376円(教育出版)
これからの時代の生徒指導(・教育相談・学級経営)とキャリア教育(・進路指導)について、その考え方と方法を解説。
生涯教育時代の生徒指導・キャリア教育
「老舗に学ぶ京の衣食住」
編:西岡正子
定価:1,995円(思文閣出版)
  • 古くからの技と伝統を守り継ぐ老舗。その主人や、おかみ自らの言葉で綴る「本物の京都学」。
  • 佛教大学四条センター公開講座《老舗に学ぶ京の衣食住》講座録。
  • 京都に百年以上続く老舗の、商品に秘められた技や歴史はもとより、生活のなかに息づく智恵や文化、経営哲学、理念を紹介する。
老舗に学ぶ京の衣食住
「担任力をあげる学級づくり・授業づくりの超原則─レベルアップの壁に挑む!」
著:高見仁志
定価:1,860円+税(明治図書出版)
本書は、「教師の挑み方」を紹介したものです。
本書をつくるにあたって、念頭においたことは次の3点です。
(1)教師として生きていく上で必ず身につけたい知識やスキルを示す
(2)教師と子ども、そして保護者の実例(経験談)を紹介することで、実際の教育現場を再現しながら具体的に教師力アップの策を示す
(3)「学級づくり」「授業づくり」「教師の成長」を3本柱として、全てのポイントを示す
担任力をあげる学級づくり・授業づくりの超原則─レベルアップの壁に挑む!

卒業研究テーマ例

  • 喫煙に対する未成年者の規範意識と学校側の対応
  • スマートフォンアプリケーションを活用した光の造形活動の研究
  • 自己肯定感を育む対話型鑑賞指導法の研究
  • アサーティブな人間関係を形成する表現活動についての研究
  • ハワイにおける多文化教育の現状と課題
  • 子どものつまずきに寄り添う家族~親の思いと葛藤に着目して~
  • 中学生における関数領域の問題解決過程の分析
  • 小学校高学年における関数の認識と中学校への接続
  • 小学校における効果的なレクリエーション活動の在り方に関する研究―学級経営方略の視点から―
  • 「筆順が及ぼす手書き文字字形への影響」
  • そろばん教育が学習への興味に与える影響
  • 子どもの生活実現を支援する学級づくり―子ども主体の生活システム論に基づいて―
  • 価値判断能力を育成する社会科授業の研究―社会的論争問題を扱って―
  • ダウン症児が示す言葉と行動の意味の読み取り方に関する研究
  • 重度・重複障害児の反応と成長をふまえたかかわり方に関する一考察
  • 学習意欲を喚起する小学校の教室の学習環境づくりに関する一研究
  • 理科離れと今後の理科教育のあり方に関する一研究
  • 校則はどうあるべきか
  • 今日の教育政策の教員への影響―教育基本法と大阪教育行政基本条例に焦点を向けて―
  • 他者とつながりあう力の育成のために―東日本大震災後の教育から考える―
  • 格差社会と教育
  • 子どもを取り巻く教育環境の変化について
  • 「持続可能な発展」への生涯学習~「弁当の日」の可能性と課題~
  • 佛教大学園部校地におけるきのこの生息調査―1999年の調査との比較をとおして―
  • 学校の動物飼育の現状と教師の意識―鳥インフルエンザの影響と課題―
  • 紫踊屋マジック~表現活動を通してはぐくまれる自己~
  • 排除のメカニズム~“ダム”での聞き取りを中心に~
  • 幼児期における食事指導についての一考察―幼児の好き嫌いから考える―
  • ブックスタートの果たす役割―乳児と絵本のかかわりについての一考察―

学部・大学院