ここから本文です

センター長あいさつ

センター長あいさつ

「先生になりたい」という夢を叶える教職支援センター

教職支援センター長
小林 隆

「佛教大学で育つ教師像」

  • 【深い子ども理解】
    幅広い教養と豊かな人間性を有し、子どもの内面を深く理解してその成長に寄り添い、自立を支援することのできる教員。
  • 【高い指導力】
    教職及び教科・領域に関する理論知と実践知を修得し、教育現場において高い指導力(創造と問題解決)を発揮できる教員。
  • 【豊かな関係性】
    教職員や保護者、地域社会との豊かな関係性の中で、協働して教育活動に取り組むことのできる教員。

教職支援センターでは、①全学の教員養成に関わる助言・調整②教職支援(教育実習・介護等体験等)のセンター的役割③実践的指導の補完的役割を担い、学生の皆さんの「先生になりたい」という夢を叶えるための支援を行っています。学生と学生、学生と教員、学生と地域の人びととの、様々な「関係性」の中で学び合うことが「佛教大学で育つ教師像」を実現する手段だと確信しています。