ここから本文です

洛中楽話 2005年度

このページでは、2005年度『シティーキャンパス講座』に連載していました「洛中楽話 私の愛蔵品」を紹介しています。

長年、大切にしてきた物には持ち主の想いが伝わり、持ち主の「人となり」を映し出す鏡となります。
ここでは、先生方の愛蔵品とそこに秘められた想いや歴史をご紹介いただきながら、 先生の素顔に迫ります。

関山 和夫 先生
人となりを伝える「手紙」

佛教大学名誉教授

関山 和夫 先生

詳細を見る

2006年冬期(1,2,3月)掲載

坪内 稔典先生
視点や発想を広げてくれる「カバ」

佛教大学文学部 人文学科教授

坪内 稔典 先生

詳細を見る

2005年秋期(10,11,12月)掲載

丸山 哲央 先生
人と自然の関わりを物語る「船」

佛教大学社会学部 現代社会学科教授

丸山 哲央 先生

詳細を見る

2005年夏期(7,8,9月)掲載

福原 隆善先生
自然という匠が作り出した芸術作品

佛教大学文学部 人文学科教授

福原 隆善 先生

詳細を見る

2005年春期(4,5,6月)掲載