ここから本文です

公開講座のご案内(2018後期)

教養を深める<文学・芸術>

イタリアオペラの散歩道(シリーズⅦ)

オペラのはじまりはルネッサンス後期16世紀のイタリア。オペラ歌手平井ふじこさんに、イタリアオペラを通して日本とイタリアの文化の違いを語ってもらいながら、オペラになじみのうすい方にもオペラをもっと身近に感じてもらうためのシリーズ第7弾(SEASON VII)です。
・・・こんなこと知らなくてもいいんだけど、知っていると作品を10倍楽しめる。
各回で、ひとつのオペラを取り上げて、時代の背景、どうやってこのオペラは出来たのか?見どころと聴きどころ。歌い手から見た舞台のエピソードなどなど・・・について語り歌ってもらいます。

コーディネーター 佛教大学社会福祉学部教授 村岡 潔

講座概要

受講料
1回 1,000円
定員
各回 150名(当日先着順)
開講予定
全3回 毎回土曜日 15:30~17:00

講師の緊急な都合などにより、日程、講義内容等を変更する場合があります。

講座詳細

テーマ モーツアルト『フィガロの結婚』
講師 平井 ふじこ (ソプラノ・オペラ歌手)
内容 ~なぜモーツァルトは喜劇を書いたの?『フィガロの結婚』は、悲劇が定番のオペラの中で、珍しくハッピーエンド。結婚目前のフィガロとスザンナには雇い主の横恋慕やら何やらと邪魔が入るが、策略で切り抜ける。映画『アマデウス』に見る、茶目っ気モーツァルトの気風が…。
開講日時 2019年1月19日(土曜)  15:30~17:00

開講日一覧

2018年 6月16日
済
プッチーニ 『蝶々夫人』

講師: 平井 ふじこ (ソプラノ・オペラ歌手)

  9月1日
済
『オペラへのやさしい招待状Ⅱ~発声法』

講師: 平井 ふじこ (ソプラノ・オペラ歌手)

2019年 1月19日
モーツアルト『フィガロの結婚』

講師: 平井 ふじこ (ソプラノ・オペラ歌手)