ここから本文です

公開講座のご案内(2018後期)

教養を深める<歴史・民俗・伝統>

能へのいざない

能は六百年以上演じ継がれてきました。それは能の描く世界に、いつの時代の人も共感したからにほかなりません。人々を祝福し、鎮魂し、恋慕、哀傷、はたまた危機に直面した人の心の表す、これが能の舞台です、今年は、様々な面から、能の深層を見てゆきます。ビデオの上映や実演などとともに、能の世界を旅しましょう。

河村 晴久 (能楽師(観世流シテ方))

講座概要

受講料
1回 1,000円
定員
各回 150名(当日先着順)
開講予定
全12回 毎回火曜日 13:00~14:30

講師の緊急な都合などにより、日程、講義内容等を変更する場合があります。

講座詳細

テーマ 安宅
講師 河村 晴久 (能楽師(観世流シテ方))
内容 心。絶対絶命の危機に瀕し、なんとしても主君義経を守ろうとする弁慶の心意気。
開講日時 2018年10月9日(火曜)  13:00~14:30
テーマ 盛久
講師 河村 晴久 (能楽師(観世流シテ方))
内容 命。処刑の刻限を待つ盛久。観音への信仰は、奇跡を呼びます。作者元雅は命を見つめて能を作りました。
開講日時 2018年11月13日(火曜)  13:00~14:30
テーマ 鉢木
講師 河村 晴久 (能楽師(観世流シテ方))
内容 心。極貧にあえぎながらも、武士の心を持ち続ける常世。武士の心意気を静かな雪の物語として描きます。
開講日時 2018年12月11日(火曜)  13:00~14:30
テーマ 船弁慶
講師 河村 晴久 (能楽師(観世流シテ方))
内容 悲。愛する義経と別れる静御前。命を奪った義経に向合う平知盛の霊。共に深い悲しみを訴えます。
開講日時 2019年1月8日(火曜)  13:00~14:30
テーマ 紅葉狩
講師 河村 晴久 (能楽師(観世流シテ方))
内容 鬼。平惟茂を紅葉狩の酒宴に引込む美女。応仁の乱の後、このようなわかりやすい能が作られました。
開講日時 2019年2月12日(火曜)  13:00~14:30
テーマ 土蜘蛛
講師 河村 晴久 (能楽師(観世流シテ方))
内容 鬼。源賴光を襲う土蜘蛛。賴光は善者、土蜘蛛は悪者ですが、土蜘蛛の根底には虐げられた者の悲しみがあります。
開講日時 2019年3月12日(火曜)  13:00~14:30

開講日一覧

2018年 4月24日
済
高砂

講師: 河村 晴久 (能楽師(観世流シテ方))

  5月8日
済
賀茂

講師: 河村 晴久 (能楽師(観世流シテ方))

  6月12日
済
屋島

講師: 河村 晴久 (能楽師(観世流シテ方))

  7月10日
済
敦盛

講師: 河村 晴久 (能楽師(観世流シテ方))

  8月7日
済
羽衣

講師: 河村 晴久 (能楽師(観世流シテ方))

  9月11日
済
井筒

講師: 河村 晴久 (能楽師(観世流シテ方))

  10月9日
安宅

講師: 河村 晴久 (能楽師(観世流シテ方))

  11月13日
盛久

講師: 河村 晴久 (能楽師(観世流シテ方))

  12月11日
鉢木

講師: 河村 晴久 (能楽師(観世流シテ方))

2019年 1月8日
船弁慶

講師: 河村 晴久 (能楽師(観世流シテ方))

  2月12日
紅葉狩

講師: 河村 晴久 (能楽師(観世流シテ方))

  3月12日
土蜘蛛

講師: 河村 晴久 (能楽師(観世流シテ方))