ここから本文です

公開講座のご案内(2018後期)

教養を深める<歴史・民俗・伝統>

アジア歴史譚

東アジアの文化

日本が位置する東アジアの文化を、この世界の中心的位置を占めている中国の文化を通じて眺めていきます。アフリカで生まれた人類が、アジアにいたり旧石器文化を作った時から、古代が終わる唐代末までの文化を、文物や文字資料などを通じて話題を提供していきます。

佛教大学名誉教授 杉本 憲司

講座概要

受講料
1回 1,000円
定員
各回 150名(当日先着順)
開講予定
全12回 毎回金曜日 15:30~17:00

講師の緊急な都合などにより、日程、講義内容等を変更する場合があります。

講座詳細

テーマ 春秋時代の文化
講師 杉本 憲司 (佛教大学名誉教授)
内容 春秋時代になると、各諸侯国で特色のある文化が生まれてくるが、これを眺めると共に、共通の物質文化(青銅器・鉄器)について考えます。
開講日時 2018年10月5日(金曜)  15:30~17:00
テーマ 戦国時代の文化
講師 杉本 憲司 (佛教大学名誉教授)
内容 戦国時代になると、七雄の国が対立しながら進化していく文化をみていきます。
開講日時 2018年11月2日(金曜)  15:30~17:00
テーマ 秦帝国から前漢時代の文化
講師 杉本 憲司 (佛教大学名誉教授)
内容 七雄国の中から、秦が天下を統一して帝国をつくるが、それが、まもなく劉氏の漢帝国に続いていく姿を、始皇帝と武帝をとりあげてのべていきます。
開講日時 2018年12月7日(金曜)  15:30~17:00
テーマ 後漢時代の文化
講師 杉本 憲司 (佛教大学名誉教授)
内容 後漢時代の文化について、東アジアの中での位置づけをみながらみていきます。
開講日時 2019年1月11日(金曜)  15:30~17:00
テーマ 六朝時代の文化
講師 杉本 憲司 (佛教大学名誉教授)
内容 政治的には、南北に分裂したが、南朝の貴族文化の姿をみていきます。
開講日時 2019年2月8日(金曜)  15:30~17:00
テーマ 隋唐時代の文化
講師 杉本 憲司 (佛教大学名誉教授)
内容 政治的に統一して、大帝国時代にはいり、世界の中心になった隋・唐の文化をみていきます。
開講日時 2019年3月1日(金曜)  15:30~17:00

開講日一覧

2018年 4月6日
済
人類文化のはじめ~旧石器時代から新石器時代へ

講師: 杉本 憲司 (佛教大学名誉教授)

  5月11日
済
新石器時代の文化

講師: 杉本 憲司 (佛教大学名誉教授)

  6月1日
済
初期国家時代の文化

講師: 杉本 憲司 (佛教大学名誉教授)

  7月6日
済
古代国家時代の文化Ⅰ

講師: 杉本 憲司 (佛教大学名誉教授)

  8月3日
済
古代国家時代の文化Ⅱ

講師: 杉本 憲司 (佛教大学名誉教授)

  9月7日
済
古代国家時代の文化Ⅲ

講師: 杉本 憲司 (佛教大学名誉教授)

  10月5日
春秋時代の文化

講師: 杉本 憲司 (佛教大学名誉教授)

  11月2日
戦国時代の文化

講師: 杉本 憲司 (佛教大学名誉教授)

  12月7日
秦帝国から前漢時代の文化

講師: 杉本 憲司 (佛教大学名誉教授)

2019年 1月11日
後漢時代の文化

講師: 杉本 憲司 (佛教大学名誉教授)

  2月8日
六朝時代の文化

講師: 杉本 憲司 (佛教大学名誉教授)

  3月1日
隋唐時代の文化

講師: 杉本 憲司 (佛教大学名誉教授)