ここから本文です

公開講座のご案内(2018前期)

教養を深める<文学・芸術>

徒然草を読む

新しい兼好像とともに

平成26年に、徒然草研究にとって衝撃的な論文が発表されました。曰く、兼好は吉田兼好ではない。この論文は従来の徒然草の概念を大きく変えるとともに、不変の徒然草解釈の有効性も明らかになってきました。本講義では、最新の兼好研究に基づきつつ、主として兼好をめぐる人々、又、兼好が興味を抱いた人物について書かれている章段を中心に、何故兼好がそうした人物に興味を抱いたのか、描かれた理由は何なのか、という問題を中心に考えていきたいと思います。

佛教大学非常勤講師 黒田 彰子

講座概要

受講料
1回 1,000円
定員
各回 150名(当日先着順)
開講予定
全12回 毎回金曜日 13:00~14:30

講師の緊急な都合などにより、日程、講義内容等を変更する場合があります。

講座詳細

テーマ 十八段 許由という人
講師 黒田 彰子 (佛教大学非常勤講師)
内容 中国の伝説の高士許由に関する章段です。兼好は許由の何を評価したのでしょうか。またそれは当時の思想とどのように関わっていたのでしょうか。
開講日時 2018年4月20日(金曜)  13:00~14:30
テーマ 四十八段 光親と長房
講師 黒田 彰子 (佛教大学非常勤講師)
内容 最勝講のあと、食べ物を片付けず去った光親の行為を、有職に叶ったものだと評価する章段ですが、実はこれは光親ではなく、海住山寺二世覚真が長房と言われた時代に起きたできごとです。この取り違えはどうして起きたのでしょうか。二人の関係をたどりつつ考えます。
開講日時 2018年6月1日(金曜)  13:00~14:30
テーマ 五十段 伊勢から来た女の鬼
講師 黒田 彰子 (佛教大学非常勤講師)
内容 おそらくは兼好も目撃した事件です。当時の京都という都市を象徴するような出来事から、時代について考えます。
開講日時 2018年6月22日(金曜)  13:00~14:30
テーマ 八十三段 仁和寺の法師
講師 黒田 彰子 (佛教大学非常勤講師)
内容 酒席の混乱の中で、鼎を被って抜けなくなってしまった法師の話です。仁和寺関係の記事が多い徒然草ですが、それは何故なのでしょうか。
開講日時 2018年7月20日(金曜)  13:00~14:30
テーマ 六十段 盛親僧都
講師 黒田 彰子 (佛教大学非常勤講師)
内容 芋頭が好物、徹底した自分中心の人格、そういう人物を、兼好はどのように見ていたのでしょうか。さりげない言葉から、兼好の真意を探ります。
開講日時 2018年8月31日(金曜)  13:00~14:30
テーマ 八十三段 竹林院左大臣
講師 黒田 彰子 (佛教大学非常勤講師)
内容 父祖以来四代続く太政大臣の地位を、敢えて断った人物、竹林院左大臣西園寺公衡について、当時の政治状況を併せ考えます。
開講日時 2018年9月21日(金曜)  13:00~14:30

開講日一覧

2018年 4月20日
十八段 許由という人

講師: 黒田 彰子 (佛教大学非常勤講師)

  6月1日
四十八段 光親と長房

講師: 黒田 彰子 (佛教大学非常勤講師)

  6月22日
五十段 伊勢から来た女の鬼

講師: 黒田 彰子 (佛教大学非常勤講師)

  7月20日
八十三段 仁和寺の法師

講師: 黒田 彰子 (佛教大学非常勤講師)

  8月31日
六十段 盛親僧都

講師: 黒田 彰子 (佛教大学非常勤講師)

  9月21日
八十三段 竹林院左大臣

講師: 黒田 彰子 (佛教大学非常勤講師)

  10月19日
八十七段 具宣房、八十九段 猫また

講師: 黒田 彰子 (佛教大学非常勤講師)

  11月2日
百二段 ものよく知る衛士

講師: 黒田 彰子 (佛教大学非常勤講師)

当初の予定より変更となりました
  12月7日
百五十二、百五十三、百五十四段 日野資朝

講師: 黒田 彰子 (佛教大学非常勤講師)

2019年 1月18日
百八十四段 松下禅尼

講師: 黒田 彰子 (佛教大学非常勤講師)

  2月15日
二百二十五段 通憲、二百二十六段 信濃前司行長

講師: 黒田 彰子 (佛教大学非常勤講師)

  3月15日
二百三十段 藤大納言為世

講師: 黒田 彰子 (佛教大学非常勤講師)