ここから本文です

公開講座のご案内(2018後期)

教養を深める<歴史・民俗・伝統>

西郷隆盛と明治維新

西郷隆盛は、日本史上、最も有名な人物です。しかし、その生涯は意外なほど、謎に包まれています。正確な顔写真さえ残りません。若い時には、2度にわたって島流しにされました。元治元年(1864)からは、大久保利通とコンビで、薩摩藩在京指導部として、京都で政治活動に専念しましたが、やがて戊辰戦争(1868)ののちは鹿児島に引きこもり、明治政府に出仕した期間もわずかでした。波乱に満ちた生涯を、10回にわたって追ってみましょう。

佛教大学歴史学部教授 青山 忠正

講座概要

受講料
1回 1,000円
定員
各回 150名(当日先着順)
開講予定
全10回 毎回金曜日 13:00~14:30

講師の緊急な都合などにより、日程、講義内容等を変更する場合があります。

講座詳細

テーマ 慶応3年の政局
講師 青山 忠正 (佛教大学歴史学部教授)
内容 幕府は、薩摩はじめ諸藩の反対を押し切り、第2次長州征伐(1866)を強行しますが、失敗に終わり、その後、慶喜の将軍就任、孝明天皇の逝去、と混乱が続きます。その中で西郷らは、王政復古を具体化してゆきます。
開講日時 2018年10月26日(金曜)  13:00~14:30
テーマ 戊辰戦争
講師 青山 忠正 (佛教大学歴史学部教授)
内容 大政奉還、王政復古政変を経て、無血のまま収まるかに見えた政局は、慶応4年(1868)正月、鳥羽・伏見の戦いから一挙に内乱状態に陥りました。西郷は征討大総督府参謀として勝海舟と会談、江戸開城を成し遂げます。
開講日時 2018年11月30日(金曜)  13:00~14:30
テーマ 版籍奉還と廃藩置県
講師 青山 忠正 (佛教大学歴史学部教授)
内容 明治2年5月、函館五稜郭の陥落後、西郷は新政府に出仕しようとせず、鹿児島に帰り、鹿児島藩大参事(副知事)として、藩政改革に専念します。多くの維新の功臣が、政府高官に昇ったこととは異なる道でした。
開講日時 2018年12月21日(金曜)  13:00~14:30
テーマ 征韓論争
講師 青山 忠正 (佛教大学歴史学部教授)
内容 明治4年(1871)、大久保利通に請われて明治政府の参議に就任した西郷は、岩倉使節団外遊中、留守政府の中心でしたが、使節団帰国の頃には、朝鮮への出兵を唱えて、大久保と対立、下野しました。征韓論政変です。
開講日時 2019年1月25日(金曜)  13:00~14:30
テーマ 西南戦争
講師 青山 忠正 (佛教大学歴史学部教授)
内容 鹿児島に戻った西郷は、みずからを慕う士族を私学校に収容し、その暴発を戒めるとともに、自身は温泉で静養するなど、外見上は悠々自適の生活を送りました。しかし、明治10年(1877)、ついに西郷は挙兵します。
開講日時 2019年3月22日(金曜)  13:00~14:30

開講日一覧

2018年 4月27日
済
誕生と、その生涯

講師: 青山 忠正 (佛教大学歴史学部教授)

  5月25日
済
斉彬との出会い

講師: 青山 忠正 (佛教大学歴史学部教授)

  6月29日
済
安政の大獄と奄美大島流罪

講師: 青山 忠正 (佛教大学歴史学部教授)

  7月27日
済
京都の政局へ乗り出す

講師: 青山 忠正 (佛教大学歴史学部教授)

  9月28日
済
薩長盟約

講師: 青山 忠正 (佛教大学歴史学部教授)

  10月26日
慶応3年の政局

講師: 青山 忠正 (佛教大学歴史学部教授)

  11月30日
戊辰戦争

講師: 青山 忠正 (佛教大学歴史学部教授)

  12月21日
版籍奉還と廃藩置県

講師: 青山 忠正 (佛教大学歴史学部教授)

2019年 1月25日
征韓論争

講師: 青山 忠正 (佛教大学歴史学部教授)

  3月22日
西南戦争

講師: 青山 忠正 (佛教大学歴史学部教授)