ここから本文です

公開講座のご案内(2018後期)

教養を深める<文学・芸術>

魯迅を読む

20世紀中国知識人の苦悩

いまの日本の状況のなかで、是非とも読んでみたい中国の文学者は魯迅です。魯迅は清末から中華民国時代を生きましたが、その生涯はまさに時代の苦悩を一人で背負った感がありました。その生き様は中国語で<掙扎(そうさつ)>と形容されましたが、そこには、その死後80年ちかく経ったいまも、なお、私たちにとって汲みつくせない<生のヒント>があると思えます。そのことを、具体的な作品を読みながら考えてみたい。話は、いまの中国の問題にも及びます。

佛教大学名誉教授、現代中国研究会会長 吉田 富夫

講座概要

受講料
1回 1,000円
定員
各回 150名(当日先着順)
開講予定
全6回 毎回火曜日 13:00~14:30

講師の緊急な都合などにより、日程、講義内容等を変更する場合があります。

講座詳細

テーマ 『鋳剣』
講師 吉田 富夫 (佛教大学名誉教授、現代中国研究会会長)
内容 魯迅には『故事新編』と題する歴史小説集があって、魅力に富んだ異次元的世界が展開します。なかでも、『鋳剣』は、謎に満ちた復讎の物語です。できるだけ作品そのものに即して考えてみましょう。
開講日時 2018年10月30日(火曜)  13:00~14:30
テーマ 『旧体詩選』
講師 吉田 富夫 (佛教大学名誉教授、現代中国研究会会長)
内容 魯迅も中国の文人ですから、数は多くありませんが、旧体の詩を残しました。その中から、魯迅の生涯の転機に書かれた数首を選んで、伝統的文人としての魯迅を体感してみましょう。
開講日時 2018年11月27日(火曜)  13:00~14:30

開講日一覧

2018年 5月29日
済
『阿Q正伝』

講師: 吉田 富夫 (佛教大学名誉教授、現代中国研究会会長)

  6月26日
済
『<フェアプレイ>は時期尚早である』

講師: 吉田 富夫 (佛教大学名誉教授、現代中国研究会会長)

  7月31日
済
『野草』選

講師: 吉田 富夫 (佛教大学名誉教授、現代中国研究会会長)

  9月25日
済
『華蓋集』選

講師: 吉田 富夫 (佛教大学名誉教授、現代中国研究会会長)

  10月30日
『鋳剣』

講師: 吉田 富夫 (佛教大学名誉教授、現代中国研究会会長)

  11月27日
『旧体詩選』

講師: 吉田 富夫 (佛教大学名誉教授、現代中国研究会会長)