ここから本文です

公開講座のご案内(2018前期)

教養を深める<文学・芸術>

詳説芭蕉『奥の細道』を読むⅡ

原本の魅力・真蹟の鼓動

芭蕉は、我が国を代表する文学者です。『奥の細道』は時代をこえたベストセラーとして愛読されています。芭蕉は155日間の命をかけた東北漂泊の旅で何を見つけ、私たちに何を語ろうとしたのでしょう。旅や俳句の好きな方、少し立ち止まって人生を考えてみたい方、人生の書『奥の細道』をご一緒に読みましょう。今年度は松島からスタートします。原本コピーをテキストに、声を出して読みます。

元柿衞文庫学芸員 瀬川 照子

講座概要

受講料
1回 1,000円
定員
各回 150名(当日先着順)
開講予定
全12回 毎回木曜日 13:00~14:30

講師の緊急な都合などにより、日程、講義内容等を変更する場合があります。

講座詳細

テーマ 中尊寺金堂
講師 瀬川 照子 (元柿衞文庫学芸員)
内容 「夏草や兵どもが夢の跡」奥州藤原氏三代の栄華の夢と、源義経の悲劇を偲び、人の世のはかなさを実感する芭蕉。芭蕉の中にある敗者への深い同情が文面にあふれています。
開講日時 2018年4月12日(木曜)  13:00~14:30
テーマ 尾花沢から立石寺へ
講師 瀬川 照子 (元柿衞文庫学芸員)
内容 奥羽山系を横断というきびしい道程。その苦しみを乗り越えて、やっとの思いで尾花沢へ。そして立石寺へ。「閑さや岩にしみ入る蝉の声」と大自然に囲まれた閑静な山寺を見事に詠い上げます。
開講日時 2018年5月10日(木曜)  13:00~14:30
テーマ 五月雨をあつめて早し最上川
講師 瀬川 照子 (元柿衞文庫学芸員)
内容 「五月雨をあつめて早し最上川」。急流の最上川を舟で下ります。また大石田では、その土地の人々に頼まれて俳諧を指導します。面識のない人々と、文学を通して心の交流が持てたことは、芭蕉の大いなる喜びとなります。
開講日時 2018年6月7日(木曜)  13:00~14:30
テーマ 出羽三山へ
講師 瀬川 照子 (元柿衞文庫学芸員)
内容 信仰の山出羽三山に登る芭蕉。神聖な山に感涙を流しながらも、山路の遅桜の花のつぼみのいじらしさにも自然の草木の持つ生命力に深く心を動かすのです。大自然に対する芭蕉の思いをさぐってみましょう。
開講日時 2018年7月5日(木曜)  13:00~14:30
テーマ 象潟(さきかた)と美女西施(びしょせいし)の面影
講師 瀬川 照子 (元柿衞文庫学芸員)
内容 かねてから待望の地であった象潟に足を踏み入れ、その印象を松島と比べながら、見事に表現します。日本海の、暗く沈んだ風情を、思い悩む姿が魅力的であつた中国の美人西施にたとえます。芭蕉の見事な表現力を味わいましょう。
開講日時 2018年8月2日(木曜)  13:00~14:30
テーマ 荒海の佐渡
講師 瀬川 照子 (元柿衞文庫学芸員)
内容 「荒海や佐渡によこたふ天河」。日本海の荒海の向こうの佐渡が島を望むと、この島の持つ悲しい歴史が胸をよぎります。ちょうど七夕。本土と島を結ぶ架け橋のような天の川。短い俳句に、芭蕉の深い思いが幾重にも重なって込められています。
開講日時 2018年9月6日(木曜)  13:00~14:30

開講日一覧

2018年 4月12日
中尊寺金堂

講師: 瀬川 照子 (元柿衞文庫学芸員)

  5月10日
尾花沢から立石寺へ

講師: 瀬川 照子 (元柿衞文庫学芸員)

  6月7日
五月雨をあつめて早し最上川

講師: 瀬川 照子 (元柿衞文庫学芸員)

  7月5日
出羽三山へ

講師: 瀬川 照子 (元柿衞文庫学芸員)

  8月2日
象潟(さきかた)と美女西施(びしょせいし)の面影

講師: 瀬川 照子 (元柿衞文庫学芸員)

  9月6日
荒海の佐渡

講師: 瀬川 照子 (元柿衞文庫学芸員)

  10月4日
越後の遊女

講師: 瀬川 照子 (元柿衞文庫学芸員)

  11月1日
出会いと別れ・秋の風

講師: 瀬川 照子 (元柿衞文庫学芸員)

  12月6日
山中温泉と曽良との別れ

講師: 瀬川 照子 (元柿衞文庫学芸員)

2019年 1月10日
福井気比神宮

講師: 瀬川 照子 (元柿衞文庫学芸員)

  2月7日
奥の細道結びの地大垣

講師: 瀬川 照子 (元柿衞文庫学芸員)

  3月7日
奥の細道とその後

講師: 瀬川 照子 (元柿衞文庫学芸員)