ここから本文です

公開講座のご案内(2018後期)

教養を深める<文学・芸術>

庭園の美

作庭家が読み解く日本庭園

日本庭園は1300年にも渡る長い時間作り続けられています。その作庭における中心は、美しい自然風景に思いを馳せながら作ることでした。そしてそこには「見立て」という考え方が用いられました。池を海に、石を山岳になど、日本独自の美意識の心によって創作されてきました。その構成や鑑賞方法など、豊富な実地資料と作庭家の視点から紐解いていきます。

京都工芸繊維大学講師、作庭家 重森 千靑

講座概要

受講料
1回 1,000円
定員
各回 150名(当日先着順)
開講予定
全13回 毎回木曜日 13:00~14:30

講師の緊急な都合などにより、日程、講義内容等を変更する場合があります。

講座詳細

テーマ 【臨地ゼミナール】 東福寺一華院庭園
講師 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)
内容 東福寺山内の塔頭である一華院の方丈南北にある庭園を訪ねます。南庭は前御住職の河合健宏師によって作庭され、植物主体のおおらかな庭園です。北庭は平成28年(2016)に、担当講師によって作庭された枯山水の石庭で、南北によって大きな違いのある作りが特徴です。その一華院の庭園の鑑賞の仕方、また作庭における話など、多角的にお話したいと思います。

【臨地ゼミナールについて(事前申込制)】
10月18日に実施予定の臨地ゼミナールは事前申込制で開催いたします。
詳細については9月20日の講座の中で説明します。
臨地ゼミナールだけの参加はできません。
開講日時 2018年10月18日(木曜)  13:00~14:30
事前申込制(申込受付は終了いたしました)
テーマ 【臨地ゼミナール】大阪泉州地域の庭園を訪ねる
講師 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)
内容 今回の特別臨地ゼミナールは堺市の「南宗寺庭園」「祥雲寺庭園」岸和田市の「岸和田城庭園」の3か所を拝観する予定です。

※「岸和田城庭園」は台風21号の影響により休園中のため、堺市の「大仙公園 日本庭園」へ変更となりました。

【臨地ゼミナールについて(事前申込制)】
10月28日に実施予定の臨地ゼミナールは事前申込制で開催いたします。
詳細については9月20日の講座の中で説明します。
臨地ゼミナールだけの参加はできません。
開講日時 2018年10月28日(日曜)  13:00~14:30
事前申込制(9月20日の講座の中で説明します)
テーマ 石組のこと(2) 鶴・亀石組のこと
講師 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)
内容 日本庭園には様々な石の組方があります。その中でも蓬莱神仙思想に則った石組が数多く作られました。そしてその一環で鶴・亀石組も作られましたが、作庭家によってその表現方法は大きく異なります。その表現の仕方などを、実際の庭園資料に基づいてお話したいと思います。
開講日時 2018年11月15日(木曜)  13:00~14:30
テーマ 冬の庭園の魅力
講師 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)
内容 日本は豊かな四季があり、その折々に見せてくれる庭園の美しさは格別なものがあります。その四季の移ろいの中で見せてくれる庭園の美しさや、またその季節に訪れたい庭園を、京都を中心として御紹介しながらその美に迫ってみたいと思います。
開講日時 2018年12月13日(木曜)  13:00~14:30
テーマ 日本全国の庭石について(1)
講師 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)
内容 日本庭園は北は北海道から南は石垣島に至るまで、数多くの庭園が作られました。そこでは植物と共に重要な構成要素だったのが「石」です。その石も作庭される地の石で作るのが基本でした。そんな全国にある庭石にスポットを当てて、どのような石があり、またその特徴がどのようなものであったのか、また岩石にはどのような種類があるのかなど、石について詳しく見ていきたいと思います。
開講日時 2019年1月17日(木曜)  13:00~14:30
テーマ 京の名庭を紐解く(12)「酬恩庵庭園(一休寺)
講師 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)
内容 京田辺にある酬恩庵(一休寺)庭園を取り上げます。本寺には室町時代に作庭された一休禅師御廟前の庭園、生前に一休禅師が住まわれていた虎丘庭園、そして方丈の南、東、北に広がる江戸期の庭園と、とても作庭された時代に幅があり、どれも魅力的な庭園として知られています。その魅力がどのようなところにあるのか、様々な角度から検証してみたいと思います。
開講日時 2019年2月21日(木曜)  13:00~14:30
テーマ 春の庭園の魅力
講師 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)
内容 日本は豊かな四季があり、その折々に見せてくれる庭園の美しさは格別なものがあります。その四季の移ろいの中で見せてくれる庭園の美しさや、またその季節に訪れたい庭園を、京都を中心として御紹介しながらその美に迫ってみたいと思います。
開講日時 2019年3月14日(木曜)  13:00~14:30

開講日一覧

2018年 4月19日
済
庭園の変遷(4) 桃山時代の庭園

講師: 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)

  5月17日
済
【臨地ゼミナール】 泉涌寺山内 善能寺庭園

講師: 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)

事前申込制(4月19日の講座の中で説明します。)
  6月21日
済
夏の庭園の魅力 

講師: 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)

  7月19日
済
京の名庭を紐解く(11)「 妙心寺退蔵院庭園」

講師: 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)

  8月23日
済
海外での庭作り

講師: 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)

  9月20日
済
秋の庭園の魅力

講師: 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)

  10月18日
【臨地ゼミナール】 東福寺一華院庭園

講師: 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)

事前申込制(申込受付は終了いたしました)
  10月28日
【臨地ゼミナール】大阪泉州地域の庭園を訪ねる

講師: 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)

事前申込制(9月20日の講座の中で説明します)
  11月15日
石組のこと(2) 鶴・亀石組のこと

講師: 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)

  12月13日
冬の庭園の魅力

講師: 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)

2019年 1月17日
日本全国の庭石について(1)

講師: 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)

  2月21日
京の名庭を紐解く(12)「酬恩庵庭園(一休寺)

講師: 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)

  3月14日
春の庭園の魅力

講師: 重森 千靑 (京都工芸繊維大学講師、作庭家)