ここから本文です

公開講座のご案内(2018前期)

教養を深める<歴史・民俗・伝統>

ライヴァル西洋史

人物を中心に西洋史を学びます。歴史の画期となった重要な事件や戦争を、敵味方に分かれたふたりの人物を比べながら、詳しくみてゆくことにします。勝者・敗者それぞれの運命をたどってゆくと、英雄たちの栄光と悲哀が浮かび上がってくるでしょう。取り上げるライヴァルは、遠い神話の時代から中世初めまでの9組18人。各回は一話完結ですが、通して受講していただくと、古代から中世への西洋史の大きな流れもわかります。

大阪市立大学名誉教授、元佛教大学教授 井上 浩一

講座概要

受講料
1回 1,000円
定員
各回 150名(当日先着順)
開講予定
全9回 毎回木曜日 15:30~17:00

講師の緊急な都合などにより、日程、講義内容等を変更する場合があります。

講座詳細

テーマ アキレウスとヘクトル  ―トロイア戦争の英雄たち
講師 井上 浩一 (大阪市立大学名誉教授、元佛教大学教授)
内容 ホメロスの英雄叙事詩『イリアス』の主人公であるアキレウスと、そのライヴァルであるトロイア王子ヘクトルを通じて、ギリシア史の遠い昔、「英雄時代」とも呼ばれる神話の時代について詳しく学びます。
開講日時 2018年7月12日(木曜)  15:30~17:00
テーマ テミストクレスとクセルクセス1世  ―ペルシア戦争
講師 井上 浩一 (大阪市立大学名誉教授、元佛教大学教授)
内容 ポリスのもと繁栄していた古代ギリシア世界に東方の超大国ペルシア帝国が侵入してきます。古代ギリシア最大の危機、ペルシア戦争です。三〇〇万とも言われる大軍を率いたペルシア王クセルクセス、迎え撃つアテネの指導者テミストクレスの戦いぶりをみましょう。
開講日時 2018年8月9日(木曜)  15:30~17:00
テーマ アレクサンドロス大王とダレイオス3世  ―ヘレニズム誕生
講師 井上 浩一 (大阪市立大学名誉教授、元佛教大学教授)
内容 ギリシア世界が混迷を深めていた前4世紀、北方マケドニアの王となったアレクサンドロスは、ギリシア諸ポリスを従え、東方遠征を敢行します。ペルシア王ダレイオス3世との決戦に勝利して、ギリシアとオリエントを合わせる大帝国を創り上げました。ヘレニズム時代の到来です。
開講日時 2018年9月13日(木曜)  15:30~17:00

開講日一覧

2018年 7月12日
アキレウスとヘクトル  ―トロイア戦争の英雄たち

講師: 井上 浩一 (大阪市立大学名誉教授、元佛教大学教授)

  8月9日
テミストクレスとクセルクセス1世  ―ペルシア戦争

講師: 井上 浩一 (大阪市立大学名誉教授、元佛教大学教授)

  9月13日
アレクサンドロス大王とダレイオス3世  ―ヘレニズム誕生

講師: 井上 浩一 (大阪市立大学名誉教授、元佛教大学教授)

  10月11日
ハンニバルとスキピオ ―地中海におけるローマの覇権

講師: 井上 浩一 (大阪市立大学名誉教授、元佛教大学教授)

  11月8日
カエサルとウェルキンゲトリクス ―知られざる英雄

講師: 井上 浩一 (大阪市立大学名誉教授、元佛教大学教授)

  12月13日
アントニウスとオクタウィアヌス ―初代ローマ皇帝は?

講師: 井上 浩一 (大阪市立大学名誉教授、元佛教大学教授)

2019年 1月10日
ユリアヌスとコンスタンティウス2世 ―ローマ帝国のキリスト教化

講師: 井上 浩一 (大阪市立大学名誉教授、元佛教大学教授)

  2月14日
アラーリクとスティリコ ―ゲルマン民族移動の波

講師: 井上 浩一 (大阪市立大学名誉教授、元佛教大学教授)

  3月7日
ブルンヒルデとフレデグンデ ―フランク王国の女傑対決

講師: 井上 浩一 (大阪市立大学名誉教授、元佛教大学教授)