ここから本文です

公開講座のご案内(2018前期)

教養を深める<京都>

新 京都芸能散歩

京都 歌舞伎・浄瑠璃の舞台を追って

歌舞伎の演目をみると、京都の各地を舞台としたものがいくつもあります。有名な社寺や町を舞台にしていますが、史実とは、どのような関係があるのでしょうか。本年度も、京都の町を中心に、演目にゆかりのある京都各地と史蹟について考えていきます。演目とゆかりのある町を、みなさんと紙上散策しつつ、舞台設定や作者、主人公の心情などを探りたいと思います。

佛教大学歴史学部准教授 斉藤 利彦

講座概要

受講料
1回 1,000円
定員
各回 150名(当日先着順)
開講予定
全12回 毎回金曜日 10:30~12:00

講師の緊急な都合などにより、日程、講義内容等を変更する場合があります。

講座詳細

テーマ 『仮名手本忠臣蔵』七段目と祇園界隈
講師 斉藤 利彦 (佛教大学歴史学部准教授)
内容 討ち入りの意志を隠しつつ、遊蕩する大星由良助。祇園一力へ通いつめています。いわゆる『仮名手本忠臣蔵』七段目祇園一力(茶屋場)です。落語の『七段目』もあるように、『仮名手本忠臣蔵』全編で、もっとも華やかな場面です。その舞台となった祇園界隈を、散策してみましょう。
開講日時 2018年4月27日(金曜)  10:30~12:00
テーマ 『長町女腹切』と宮川町
講師 斉藤 利彦 (佛教大学歴史学部准教授)
内容 『長町女腹切』は近松門左衛門の世話物浄瑠璃です。大坂長町で起こった女の腹切り事件と、京都で起こった半七お花の心中事件をとりまぜて劇化したもので、半七の遊女お花がいたのは石垣町の井筒屋です。東石垣町は現在の宮川町にあたります。京都五花街のひとつ、宮川町界隈をみなさんと一緒に散歩してみましょう。
開講日時 2018年5月25日(金曜)  10:30~12:00
テーマ 『敵討襤褸錦』と先斗町
講師 斉藤 利彦 (佛教大学歴史学部准教授)
内容 春藤治郎右衛門は父の仇を追って2年の歳月が経ち、病を患い、身を落とします。しかし、襤褸を纏っても仇討ちを果たす、という、歌舞伎から人形浄瑠璃となった『敵討襤褸錦』の話の発端が先斗町です。京都のなかでも、地名伝承にあるように、海外を感じさせる町です。泉鏡花の短編小説『笹色紅』(明治44年)の舞台でもあります。京都五花街のひとつでもある先斗町界隈をみなさんと一緒に、紙上散策してみましょう。
開講日時 2018年6月29日(金曜)  10:30~12:00
テーマ 『博多小女郎波枕』と真盛町
講師 斉藤 利彦 (佛教大学歴史学部准教授)
内容 乗り合わせた船があまりに運が悪かった。それは密貿易の首領毛剃九右衛門の船。商人小松屋宗七と博多柳町の廓奥田屋の小女郎の運命が狂っていきます。密貿易の一味となった宗七は補使の目をのがれて京都は心清町(真盛町)に身を潜めます。ここで親の意見をうけ、追いつめられて、ついにふたりは、、、。ふたりが息をひそめた町を、みなさんとこっそり散策してみましょう。
開講日時 2018年7月27日(金曜)  10:30~12:00
テーマ 『双蝶々曲輪日記』と八幡
講師 斉藤 利彦 (佛教大学歴史学部准教授)
内容 旧暦八月三一日、石清水八幡宮で放生会が行われました。そんな夜、南与兵衛はウキウキした気分で帰宅します。父の名南方十次兵衛への改名と八幡近在七か村の郷代官を仰せつかったからです。しかも、このあたりにお尋ね者相撲取濡髪長五郎が潜んでいる、これを召し取り手柄とすれば、さぞかし母親も喜んでくれて、、、そんな与兵衛が帰宅してみると!人気狂言の引窓とその舞台八幡。八幡はとても多くのユニークな史蹟のある街です。すこし、遠出しつつ、紙上散策してみましょう。
開講日時 2018年8月31日(金曜)  10:30~12:00
テーマ 『西郷と豚姫』と三本木界隈
講師 斉藤 利彦 (佛教大学歴史学部准教授)
内容 幕末の京都は三本木。廓の揚屋の仲居お玉は、体格が立派なため豚姫と呼ばれていますが、気立ては優しく皆に慕われています。ある日、お玉が思いを寄せる薩摩藩の西郷吉之助が、刺客に追われて揚屋に駆け込んできます。幕府にも主君にも理解を得られず失意の西郷に、お玉は思いを打ち明け、その心情を思った西郷はお玉に一緒に死のうと申し出ますが…。幕末の志士たちが密会した三本木界隈を、みなさんと考えていきましょう。
開講日時 2018年9月28日(金曜)  10:30~12:00

開講日一覧

2018年 4月27日
『仮名手本忠臣蔵』七段目と祇園界隈

講師: 斉藤 利彦 (佛教大学歴史学部准教授)

  5月25日
『長町女腹切』と宮川町

講師: 斉藤 利彦 (佛教大学歴史学部准教授)

  6月29日
『敵討襤褸錦』と先斗町

講師: 斉藤 利彦 (佛教大学歴史学部准教授)

  7月27日
『博多小女郎波枕』と真盛町

講師: 斉藤 利彦 (佛教大学歴史学部准教授)

  8月31日
『双蝶々曲輪日記』と八幡

講師: 斉藤 利彦 (佛教大学歴史学部准教授)

  9月28日
『西郷と豚姫』と三本木界隈

講師: 斉藤 利彦 (佛教大学歴史学部准教授)

  10月26日
常磐津『戻駕』と紫野界隈 

講師: 斉藤 利彦 (佛教大学歴史学部准教授)

  11月30日
『西山物語』と松尾

講師: 斉藤 利彦 (佛教大学歴史学部准教授)

  12月21日
長唄『京の四季』と南座

講師: 斉藤 利彦 (佛教大学歴史学部准教授)

2019年 1月25日
『大経師昔暦』と岡崎

講師: 斉藤 利彦 (佛教大学歴史学部准教授)

  2月22日
常磐津『関の扉』と逢坂山

講師: 斉藤 利彦 (佛教大学歴史学部准教授)

  3月22日
『滝口時頼』と嵯峨野

講師: 斉藤 利彦 (佛教大学歴史学部准教授)