ここから本文です

公開講座のご案内(2018冬学期)

現代社会を生きる

治癒論入門Ⅲ

医療人類学への誘い

人間はなぜ病気になっても治ることができるのでしょうか?今回のシリーズではCG・ヘルマンの医療人類学のテキスト”Culture, Health and Illness”(第5版)を参考にして、現代医学と伝統医学、クスリや痛みと文化、等々、健康や病気と文化・社会との関係について学びます。医療者としての講師の経験を紹介しながら、医療人類学的見地から、日常の健康問題などをわかりやすく解説します。

佛教大学社会福祉学部教授 村岡 潔

講座概要

受講料
1回 1,000円
定員
各回 150名(当日先着順)
開講予定
全3回 毎回土曜日 15:30~17:00

講師の緊急な都合などにより、日程、講義内容等を変更する場合があります。

講座詳細

テーマ クスリのヒミツ!?
講師 村岡 潔 (佛教大学社会福祉学部教授)
内容 薬の効果は文化・社会からも影響を受けています(〈クスリの総合的効果〉と言います)。また、薬の化学成分がないはずのダミーの薬(乳糖・生理的食塩水)でも効くことがあり(プラセーボ現象)、それには人間のもつ「自然治癒力(自己治癒力・免疫力)」が深く関わっているようです。今回は、そうした<クスリ>のヒミツにグッと迫ります。
開講日時 2018年2月24日(土曜)  15:30~17:00

開講日一覧

2017年 10月28日
済
Body Image(身体像)の不思議

講師: 村岡 潔 (佛教大学社会福祉学部教授)

  11月25日
済
家庭の医学は怖いは本当?

講師: 村岡 潔 (佛教大学社会福祉学部教授)

2018年 2月24日
クスリのヒミツ!?

講師: 村岡 潔 (佛教大学社会福祉学部教授)