ここから本文です

公開講座のご案内(2018冬学期)

教養を深める<京都>

もっと身近に植物園!

おもしろいものがいっぱい!!!

植物園は生きた植物の博物館です。京都府立植物園やそれぞれにテーマをしぼった植物を教室でじっくり見ることによって、講座の後のみなさんの植物園散歩が楽しく充実したものになればと思います。

コーディネーター 佛教大学講師、京都府立植物園公認ガイド 袴田 良子

講座概要

受講料
無料
定員
各回 150名(当日先着順)
開講予定
全12回 毎回水曜日 10:30~12:00

講師の緊急な都合などにより、日程、講義内容等を変更する場合があります。

【注意!】本講座は四条センターでの講義です。植物園への臨地ゼミナールではございません。

講座詳細

テーマ 賀茂街道 京都府立大学構内の樹木
講師 松谷 茂 (京都府立植物園名誉園長、京都府立大学客員教授)
内容 賀茂街道(賀茂川上流から見て右手)に生育する樹木のトンネルは、京都市自然遺産というジャンルがあるならば断トツのトップクラスでランクイン。アキニレや師範桜と呼ばれるソメイヨシノなど多くの樹種が林立します。京都府立大学構内にも、センペルセコイヤやコウヨウザンなど、ふだん目にすることの少ない樹木が生立しますが、台風21号で、60年生のヒマラヤスギが倒れました。
開講日時 2018年1月17日(水曜)  10:30~12:00
テーマ 早春
講師 袴田 良子 (佛教大学講師、京都府立植物園公認ガイド)
内容 寒さの中で植物たちはいろいろな様子を見せています。葉を落としているもの、落としていないもの、花を咲かせるもの等々。早春の植物園を写真で紹介します。
開講日時 2018年2月14日(水曜)  10:30~12:00
テーマ 春の終わり
講師 袴田 良子 (佛教大学講師、京都府立植物園公認ガイド)
内容 春はどこまで来ているでしょうか。今年はどのような順で植物は変化していくでしょうか。春になりつつある植物園を写真で紹介します。
開講日時 2018年3月14日(水曜)  10:30~12:00

開講日一覧

2017年 4月19日
済
京都府立植物園94年の歴史 -北山地域の近代化に果たしてきた役割-

講師: 松谷 茂 (京都府立植物園名誉園長、京都府立大学客員教授)

  5月17日
済
春の終わり

講師: 袴田 良子 (佛教大学講師、京都府立植物園公認ガイド)

  6月14日
済
アメリカ キバナハス探訪記

講師: 金子 明雄 (京都府立植物園元園長)

  7月19日
済
京都府立植物園94年、100の財産

講師: 松谷 茂 (京都府立植物園名誉園長、京都府立大学客員教授)

  8月9日
済

講師: 袴田 良子 (佛教大学講師、京都府立植物園公認ガイド)

  9月13日
済
秋の気配

講師: 袴田 良子 (佛教大学講師、京都府立植物園公認ガイド)

  10月18日
済
チャノキからお茶まで

講師: 金子 明雄 (元京都府立植物園園長)

  11月8日
済
樹木の生き抜く戦略

講師: 松谷 茂 (京都府立植物園名誉園長、京都府立大学客員教授)

  12月13日
済

講師: 袴田 良子 (佛教大学講師、京都府立植物園公認ガイド)

2018年 1月17日
賀茂街道 京都府立大学構内の樹木

講師: 松谷 茂 (京都府立植物園名誉園長、京都府立大学客員教授)

  2月14日
早春

講師: 袴田 良子 (佛教大学講師、京都府立植物園公認ガイド)

  3月14日
春の終わり

講師: 袴田 良子 (佛教大学講師、京都府立植物園公認ガイド)