ここから本文です

公開講座のご案内(2018冬学期)

仏教を極める

浄土宗教学院 提携講座 浄土教の概説書 『浄土法門源流章』を読む

日本で著された浄土教に関する概説書の中で、最も古いものの一つと目されるものが、応長元年(1311)に東大寺の凝然によって著された『浄土法門源流章』です。本書は、インド・中国・日本の三国にわたる浄土教の相承について述べ、さらには法然上人門下の諸流派について、その概要を述べています。本講座では、この『浄土法門源流章』の内容を、原文を読むことによって紹介していきます。法然上人が亡くなられた100年後の状況が、他宗派の学僧の目にはどのように映っていたのか、またその概説内容の妥当性について、一緒に探究していきましょう。

コーディネーター 浄土宗教学院主事、佛教大学仏教学部准教授 曽和 義宏

講座概要

受講料
無料
定員
各回 150名(当日先着順)
開講予定
全10回 毎回火曜日 15:30~17:00

講師の緊急な都合などにより、日程、講義内容等を変更する場合があります。

講座詳細

テーマ 法然の門下 一念義幸西
講師 伊藤 茂樹 (浄土宗教学院会員、知恩院浄土宗学研究所 研究副主任)
内容 法然上人が浄土宗を開いた後、法然の弟子たちはそれぞれ自説を展開し、法然教団はいくつかの門流に分流していきました。今回からは、凝然によって「一念義」とされた幸西(1163-1247)の思想について述べる部分を読んでいきます。
開講日時 2018年1月16日(火曜)  15:30~17:00
テーマ 法然の門下 一念義幸西(2)
講師 伊藤 茂樹 (浄土宗教学院会員、知恩院浄土宗学研究所 研究副主任)
内容 前回に引き続き、一念義 幸西の思想について述べる部分を読んでいきます。
開講日時 2018年2月13日(火曜)  15:30~17:00
テーマ 法然の門下 一念義幸西(3)
講師 伊藤 茂樹 (浄土宗教学院会員、知恩院浄土宗学研究所 研究副主任)
内容 前回に引き続き、一念義幸西の思想について述べる部分を読み、幸西の思想とはどのようなものと受け止められていたのか、考察したいと思います。
開講日時 2018年3月13日(火曜)  15:30~17:00

開講日一覧

2017年 4月11日
済
浄土所依本経

講師: 曽和 義宏 (浄土宗教学院主事、佛教大学仏教学部准教授)

  5月23日
済
浄土所依本論(1)

講師: 曽和 義宏 (浄土宗教学院主事、佛教大学仏教学部准教授)

  6月6日
済
浄土所依本論(2)

講師: 曽和 義宏 (浄土宗教学院主事、佛教大学仏教学部准教授)

  7月4日
済
天竺浄教弘通

講師: 曽和 義宏 (浄土宗教学院主事、佛教大学仏教学部准教授)

  10月3日
済
天竺浄教弘通(2)

講師: 曽和 義宏 (浄土宗教学院主事、佛教大学仏教学部准教授)

  11月14日
済
震旦浄教伝通次第

講師: 加藤 弘孝 (浄土宗教学院書記、佛教大学講師)

  12月12日
済
大日本国浄教弘通次第

講師: 曽和 義宏 (浄土宗教学院主事、佛教大学仏教学部准教授)

2018年 1月16日
法然の門下 一念義幸西

講師: 伊藤 茂樹 (浄土宗教学院会員、知恩院浄土宗学研究所 研究副主任)

  2月13日
法然の門下 一念義幸西(2)

講師: 伊藤 茂樹 (浄土宗教学院会員、知恩院浄土宗学研究所 研究副主任)

  3月13日
法然の門下 一念義幸西(3)

講師: 伊藤 茂樹 (浄土宗教学院会員、知恩院浄土宗学研究所 研究副主任)