ここから本文です

法然仏教学研究センターについて

センター長あいさつ

2012年に佛教大学は開学100周年を迎え、その際私たちは10年後の大学像として「佛大Vision2022」を公表しました。このビジョンに基づき、2014年4月、本学は新たに<法然仏教学研究センター>を開設いたしました。

本学は、仏教精神を建学の理念とし、大学の責務である「人材養成」を中心として、それに関わる「教育」「研究」「社会貢献」の三領域において、仏教精神に基く多様な活動を時代に即して行いながら、世界文化の向上と人類福祉の増進に貢献することを使命としております。

社会の要請に応えることができる優れた教育を展開するためには、その基盤となる研究の充実が必要であることは言うまでもありません。特に、法然上人のみ教えを大学設置の根幹とし、仏教思想とりわけ法然上人の思想に立脚した教育を基底に位置付け、そのもとで有為な人材の輩出を目指す佛教大学にとって、本研究センターはきわめて重要な意味をもつ機関であります。また、世界初となる<法然仏教学研究センター>の開設は、佛教大学でしか成しえない取り組みであるといえます。

本研究センターでは、今日的な社会情勢を踏まえながら、建学の理念の根幹を形成する法然仏教学研究の推進ならびに優れた研究者の養成という建学以来の使命を果たすために、本学が有するこれまでの研究実績を踏まえながら、関連資料の校訂、現代語訳注を初めとする地道な文献研究の基礎の上に、歴史的、文化的、社会的観点をも含めた総合的アプローチを通じて、法然仏教学を確立し、その成果を広く社会へ発信してまいります。

法然仏教学研究センターは、本学ならではの研究を推進し、ここから、法然仏教学の神髄を世界へ発信してまいる所存です。

皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます。

2016年4月
佛教大学法然仏教学研究センター
センター長 本庄 良文

法然仏教学研究センターの設置目的

本研究センターは、浄土学を中心に仏教学、人文科学、社会科学、自然科学にわたる広い視点から法然仏教学の総合的な学術研究を行い、文化の発展に寄与することを目的として設置しています。具体的には以下の通りです。

  1. 法然および法然門下、浄土宗教団に関わる教義や歴史の総合的な研究
  2. 法然および法然門下、浄土宗教団に関わる総合的な研究を通じた法然仏教学の確立
  3. 法然および法然門下、浄土宗教団に関わる諸文献・諸研究の収集とデータベース構築
  4. 法然および法然門下、浄土宗教団に関わる研究を推進する研究者の養成
  5. 法然および法然門下、浄土宗教団に関わる研究成果の一般社会への公表・発信

法然仏教学研究センター

  • 法然仏教学研究センターについて
  • 活動趣旨と研究体制・活動方針
  • 研究員紹介
  • 活動報告
  • 刊行物紹介
  • 法然仏教学研究センタートップヘ
  • 図書館・附置機関トップへ
  • 附置機関一覧