イベント詳細

  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2月
  • 3月

5月18日(日曜)

春期特別展 「法然上人の御影-お姿とものがたり-」

浄土宗開祖である法然上人は、阿弥陀仏の誓願にすがり「南無阿弥陀仏」と六字名号を称えることで、極楽浄土へ往生することを説きました。この専修念仏の教えは当時から広く民衆まで信仰を集める画期的なものでした。そして法然上人は、そのお姿を表した“御影”の系統が極めて多い人物としても知られます。それら多くのお姿は、上人の人柄を偲ばせる様なエピソードなどとともに伝わり、上人自身に対する信仰も高まりを見せていきました。本展では、法然上人の御影とそのお姿にまつわるエピソードを併せて紹介し、より近くその教えとお人柄に触れて頂きたいと思います。

【会 期】
 平成26年5月18日(日曜)~6月21日(土曜)
 午前10時~午後5時30分(入館は午後5時まで)
 
【会 場】
 佛教大学宗教文化ミュージアム 第一研究成果展示室 (アクセス・周辺マップ)

【入館料】
 無料
 
【休館日】
 月曜日(但し5月19日は開館)
 
【協 力】
 清浄華院 知恩院 福泉寺 法然院 佛教大学附属図書館

【春期特別展関連講演会】
 「法然上人の御影について」
 日時:平成26年5月25日(日曜)午後2時30分(事前申込不要)
 講師:成田 俊治(佛教大学名誉教授)