佛教専門学校時代  軟式野球部あり
昭和24年
佛教大学に昇格 当時も存続 記録なし
昭和27年
正式に「準硬式野球部」として発足
昭和43年
硬式野球部に代わる
昭和45年
京滋大学野球連盟U部に加盟
昭和48年秋
U部優勝 入れ替え戦にて京都大に勝利
昭和49年春
T部昇格 春季3位
昭和50年
野球部後援会発足
昭和53年
硬式野球部OB鷹球会発足
昭和57年
関西の大学野球分裂5リーグへ
昭和57年春
T部初優勝
昭和58年春
2回目の優勝
昭和58年
第1回日韓親善交歓野球試合(韓国圓光大学校・韓国全北野球場)
昭和58年秋
3回目の優勝
昭和59年春
4回目の優勝
昭和59年秋
5回目の優勝
昭和60年
水谷幸正学長(当時)、京滋大学野球連盟会長就任
成田俊治部長(当時)、京滋大学野球連盟理事長就任
昭和60年春
6回目の優勝
昭和60年
第2回日韓親善交歓野球試合(京都学園大グラウンド)
昭和61年春
7回目の優勝
昭和61年
第3回日韓親善交歓野球試合(韓国圓光大グラウンド)
昭和61年秋
8回目の優勝
昭和62年春
9回目の優勝
昭和62年
第4回日韓親善交歓野球試合(皇子山球場)
昭和62年秋
10回目の優勝
昭和63年
保護者紫友会発足
昭和63年秋
11回目の優勝
平成元年
伊藤唯真学長(当時)、京滋大学野球連盟会長就任
第5回日韓親善交歓野球試合(韓国圓光大グラウンド)
第1回日韓親善交歓野球試合(韓国・東国大学校、台風のためペナント交換のみ実施)
平成元年秋
12回目の優勝
平成2年春
13回目の優勝
平成2年
念願の全日本大学野球選手権に第二代表として初出場
立命大5−2、龍谷大4−6、立命大4−2で代表の座を勝ち取る
全日本、東北福祉大1−6
平成2年秋
14回目の優勝
平成3年
第6回日韓親善交歓野球試合(西京極球場)
平成3年春
15回目の優勝
平成3年
全日本大学野球選手権2回目出場。東京学芸大に4−2で勝利、東洋大に7−3で勝利しベスト8進出。
準々決勝 東北福祉大0−4
平成3年秋
16回目の優勝
平成4年春
17回目の優勝
平成4年
全日本大学野球選手権3回目出場 徳山大3−2、東北福祉大0−7
平成4年秋
18回目の優勝
関西代表決定戦に出場。大商大に3−2、立命大に7−4で勝利し関西代表に。明治神宮大会に初出場。
前年度優勝校の愛知学院大に1−0で勝利しベスト4進出。準決勝慶応大0−6
平成5年
高橋弘次学長(当時)、京滋大学野球連盟会長就任
丸尾英司投手、全日本メンバーに選出
平成5年春
19回目の優勝
平成5年
全日本大学野球選手権4回目出場 関東学院大0−2
第7回日韓親善交歓野球試合(韓国圓光大グラウンド)
平成5年秋
20回目の優勝
平成6年春
21回目の優勝
平成6年
全日本大学野球選手権5回目出場 東亜大4−7佛教大 日体大7−0佛教大
第8回日韓親善交歓野球試合(皇子山球場)
平成6年秋
22回目の優勝
平成6年
丸尾英司投手、オリックスブルーウェーブにドラフト2位指名。初のプロ野球選手誕生
平成7年春
23回目の優勝
平成7年
全日本大学野球選手権6回目出場 九州共立大7−0佛教大
平成7年秋
24回目の優勝
平成8年春
25回目の優勝
平成8年
全日本大学野球選手権7回目出場 徳山大8−1佛教大
第9回日韓親善交歓野球試合(韓国 群山野球場)
平成8年秋
26回目の優勝(16季連続)
平成9年春
27回目の優勝
平成9年
全日本大学野球選手権8回目出場 関東学院大3−0佛教大
平成10年
第10回日韓親善交歓野球試合(太陽ケ丘球場)
平成10年秋
28回目の優勝
平成11年
中井真孝学長(当時)、京滋大学野球連盟会長就任
平成11年春
29回目の優勝
平成11年
全日本大学野球選手権9回目出場 広島経済大8−2佛教大
園部キャンパスに野球場完成
平成12年
硬式野球部がスポーツ強化クラブとなる
平成12年春
30回目の優勝
平成12年
全日本大学野球選手権10回目出場 札幌大0−8佛教大 立命大7−6佛教大
第11回日韓親善交歓野球試合(韓国 全北野球場)
第2回 日韓親善交歓野球試合(韓国 東光大学校 東大門野球場)
平成12年秋
31回目の優勝
平成12年
園部キャンパスに雨天練習場完成
平成13年秋
32回目の優勝
平成14年春
33回目の優勝
平成14年
全日本大学野球選手権11回目出場 八戸大5−4佛教大
  第12回日韓親善交歓野球試合(佛大園部G、草津GS)
平成14年秋
34回目の優勝
平成15年春
硬式野球部50周年記念式典
  35回目の優勝   全日本大学野球選手権12回目出場
平成15年秋
36回目の優勝
平成16年春
37回目の優勝
  全日本大学野球選手権13回目出場 八戸大5−1佛教大
  第13回 日韓親善交歓野球試合(韓国 大田スタジアム)
平成16年秋
38回目の優勝
  関西選手権優勝
  明治神宮大会出場(12年ぶり) 愛知大1−2佛教大  慶應義塾大2−1佛教大
  監督が良川氏より藤原氏に交代
平成17年春
39回目の優勝
  全日本大学野球選手権14回目出場 白鷗大4−3佛教大
平成17年秋
40回目の優勝
平成18年春
京滋大学野球連盟新人戦にて優勝
平成18年秋
41回目の優勝
平成19年春
42回目の優勝
  全日本大学野球選手権15回目出場  札幌大3−1佛教大
平成19年秋
43回目の優勝
平成20年春
44回目の優勝
  全日本大学野球選手権16回目出場  金沢星稜大4−2佛教大
平成20年秋
45回目の優勝
  明治神宮大会出場  東北福祉大3−0佛教大
平成21年春
46回目の優勝
  全日本大学野球選手権17回目出場 中京大0−3佛教大(9年ぶりの初戦突破) 富士大3−2佛教大
平成21年秋
47回目の優勝
  明治神宮大会出場(ベスト4進出) 九州産大0−2佛教大  立正大4−0佛教大
平成22年春
48回目の優勝
  全日本大学野球選手権18回目出場  東北福祉大0−2佛教大 八戸大3−0佛教大
平成22年
大野 雄大投手、中日ドラゴンズにドラフト1位指名
平成23年
小嶋 雅人監督が就任
平成23年春
京滋リーグ2位
平成23年秋
49回目の優勝
  明治神宮大会出場 愛知学院大1−0佛教大
平成24年春
京滋リーグ2位
平成24年秋
京滋リーグ2位
平成25年春
京滋リーグ2位
平成25年秋
京滋リーグ2位
平成26年春
50回目の優勝
  全日本大学野球選手権19回目出場  創価大4−0佛教大
平成26年秋
51回目の優勝
平成27年春
京滋リーグ2位
平成27年秋
京滋リーグ2位
平成28年春
京滋リーグ4位