応援 応援
学歌 応援歌
(昭和11年4月制定)    
作詞 小西存祐
作曲 吉田恒三

一、
高輝る千古の都
若草の萌出るところ
ここ鷹陵の吾等が学舎
ここ鷹陵の吾等が学舎
ここ鷹陵の吾等が学舎

二、
礎られぬ光こめたり
黒谷の春のあけぼの
誰ぞ開く報恩蔵
誰ぞ開く報恩蔵
誰ぞ開く報恩蔵

三、
仰ぎ見よ華頂の峰
その高き教えぞ栄ゆる
還愚痴の聖在ませり
還愚痴の聖在ませり
還愚痴の聖在ませり

四、
世はあげて五濁に悩む
いざ起ちて仏土浄めん
選択の御旗かざして
選択の御旗かざして
選択の御旗かざして


  ※学歌斉唱の際は起立し、脱帽しましょう。


一、
和睦の鐘も高らかに
時の要望肩に受け
質実剛健欲いまま
吾らが心に正義を誓わん
佛大 佛大 佛大
吾らが佛大

二、
千古の歴史ここにあり
高き理想胸に抱き
質実剛健欲いまま
吾らが心に闘志を誓わん
佛大 佛大 佛大
吾らが佛大

三、
京の都一望に
みずから学ぶ鷹陵で
質実剛健欲いまま
吾らが心に勝利を誓わん
佛大 佛大 佛大
吾らが佛大


応援


応援