ここから本文です

中国語・短期海外語学研修(慈済大学)

2018年度の募集を開始しました。

慈済大学は台湾で最も美しいと言われる花蓮に位置しています。花蓮は世界的に有名なタロコ国立公園を有し、また絶景の東海岸もあり、国際的な観光スポットです。
現地の人々の温かい人情や先住民たちの文化にも触れることができ、豊かな体験ができるプログラムとなっています。

実施要領

実施期間 2019年2月24日(日曜)~3月23日(土曜) 28日間(予定)
事前研修 4回開催予定
研修先 台湾・花蓮市 慈済大学
定員 10名(先着順)
必要経費 <参加費>約140,000円(予定)
(渡航費、現地費用、保険料金等が含まれます)

参加費に含まれないもの:日本国内旅費(交通費)、自由時間の飲食費等

単位認定
  • 全学共通科目選択外国語選択外国語「中国語表現法1~4」いずれか2単位×2
  • 全学共通科目総合「海外研修」2単位

申込方法

申込先 国際交流課(1号館2階)ご不明な点はお問い合わせください。
Tel:075-491-2141(代)
申込締切 12月3日(月)17:00まで

B-netおよび国際交流課前掲示版をご覧ください。

提出書類 「参加申込書」「誓約書」「志願書」「アンケート」

書類一式は国際交流課に取りに来てください。

中国語集中レッスン

授業はすべて中国語で行います。少人数制による集中レッスンを採用し、リスニング、会話、読解、作文能力を最大限に伸ばすキャンプです。慈済大学オリジナルの人文講座やボランティア体験も経験できます。

フィールド・トリップ

語学の学習だけでなく、客家文化の見学や花蓮文化相違産業の旅など、貴重な体験もできます。詳しくは国際交流課までお尋ねください。