ここから本文です

緊急時における授業・試験の取り扱い

休講および定期試験の休止

次の1~3のいずれかの状況が発生した場合は、ただちに休講および定期試験休止とします。

1.交通機関の不通

交通機関の不通の場合(aまたはbのいずれかの条件を満たす場合とします)

  1. (a)京都市営バスと地下鉄が同時に全路線・全区間で不通
  2. (b)下表の2つ以上の交通機関、指定区間において、全てまたは一部が同時に不通
交通機関(路線) 指定区間
JR(東海道本線) 大阪~草津
阪急(京都線) 河原町~梅田
京阪(京阪本線) 出町柳~淀屋橋
近鉄(京都線・奈良線) 京都~奈良

2.特別警報もしくは暴風警報の発令

京都府南部(南丹・京丹波、京都・亀岡、山城中部、山城南部のいずれか)に特別警報もしくは暴風警報(大雨・洪水・波浪・大雪警報は対象外)が発令された場合

3.その他

その他の状況において、休講および定期試験休止が適切であると学長が認めた場合

休講の解除および定期試験休止の解除

交通機関の運行再開、特別警報もしくは暴風警報解除の場合は、下表のとおり取り扱います。

運行再開または
警報解除の時刻
授業の取り扱い 定期試験の取り扱い
午前7時00分まで 1講時から授業実施 1時限から試験実施
午前10時00分まで 3講時から授業実施 3時限から試験実施
午前10時01分以降 終日休講 終日休止

その他の事項

  1. 定期試験期間中にこの措置が適用された場合、当該試験に関しては別途掲示により指示します。
  2. 上記以外で、各自の居住区域に係る交通機関の不通および特別警報もしくは暴風警報発令等は、自身の判断で安全確保に努め、欠席については、教務課まで事由を証明する書類を持参のうえ、申し出てください。
    「特別警報」が発表されたら、ただちに命を守る行動をとってください。