ここから本文です

心身に障がいがある等受験時に配慮が必要な場合の出願および受験について

  1. (1)障がいのある受験生(補聴器・拡大鏡・クラッチなどの器具を使用する場合を含む)などについては、受験時の配慮および入学後の修学について事前相談を行っています。出願に先立ち、必ず、各試験出願開始日の1か月前までに入試種別・志望学科(専攻)および試験日等を入学部にご相談ください。
  2. (2)障がいなどの程度・種類により、必要に応じて事前面談を行います。
  3. (3)出願にあたっては、予め専門医の診断書等の提出が必要となる場合があります。出願開始の1か月前までに入学部へ確認してください。
  4. (4)本学は、「佛教大学障がい学生支援ガイドライン」に基づき、障がいがある学生の受入れに向けて、設備等の改善を行っていますが、まだ完全とはいえません。個々の障がいの状況によっては、対応できないこともあります。

「理学療法学科」「作業療法学科」「看護学科」では、病院・施設等において「臨床実習」を行う科目(卒業および国家試験受験資格取得のための必修科目)があります。この科目では、疾病や障がいのある人とのコミュニケーションをとりながら、生活機能や運動機能の回復を援助することが目的となっていますので、実習者には長期にわたる心身の健康が要請されます。心身に障がいのある方が志願される場合は、出願開始の1か月前までに入学部へ確認してください。

入試情報