教員プロフィール

教授: 本庄 良文HONJO Yoshifumi

専門分野
浄土学
仏教学
本庄 良文 写真
Message

平成26年度より浄土学の教員となっています。本学の教育理念の根幹にある法然上人の思想を軸に、関連する資料の基礎的な研究を進めています。法然上人は他の宗派の祖師と比較して、その重要性に見合う研究も評価もなされているとは言えません。学生さんからも「法然上人って誰?」という言葉を聞いたりします。日本の歴史を変えたスーパースターなのにどうしたことでしょう。これは私どもの責任でもあります。学生の皆さんがこの大思想家に目を向け、その研究にチャレンジしてほしいと願っています。

研究課題
法然仏教の研究
『往生要集義記』の研究
『倶舎論』を中心とする仏教教理の基礎的研究
略歴
京都大学助手(1978.4-1980.3)
佛教大学非常勤講師(1980.4-1989.9)
神戸女子大学専任講師・助教授・教授(1989.9-2004.3)
佛教大学非常勤講師(2004.4-2010.3)
佛教大学仏教学部特別任用教授(2010.4-2014.3)
佛教大学仏教学部教授(2014.4-)
学位
文学修士
所属学会
日本印度学仏教学会
日本仏教学会
仏教文学会
法然上人研究会
ジャイナ教研究会
主な著書・論文
「『選択集』第六章における特留念仏釈と諸行往生の可否―平雅行説の検討―」
(『福原隆善先生古稀記念論集 佛法僧論集』山喜房仏書林, 2013. 2)

『傍訳選択本願念仏集』(上)(下)
(四季社, 2001.6-7(高橋弘次・善裕昭との共著))

『倶舎論註ウパーイカーの研究 訳註篇』(上)(下)
(大蔵出版, 2014.6-7)

大学紹介