教員プロフィール

教授: 髙橋 司TAKAHASHI Tsukasa

専門分野
幼児教育
児童文化
髙橋 司 写真
Message

1.幼児の社会認識・言語活動の指導、保育行事のあり方、園と家庭の連携、保幼小連携などから、新しい保育内容、保育方法の構築
2.児童文化財の発達史研究
3.児童文化財としてのパネルシアターの創作と開発
この三つが私の主たるテーマです。
何れも子どもが目の前にいるという具体的な研究を通し、実践的な指導能力の育成を心がけています。

研究課題
幼児の社会認識
保育行事をめぐる諸問題
児童文化財の創作と開発
学位
社会学修士
所属学会
日本保育学会
日本社会福祉学会
日本子ども社会学会
日本仏教教育学会
全国童話人協会
主な著書・論文
『子どもに教える今日はどんな日?』
(PHP研究所, 2006年10月)

『食で知ろう季節の行事』
(長崎出版, 2008年5月)

『児童文化と保育 こころ豊かな文化を育むために』
(宮帯出版社, 2008年7月)

『四季をつたえる「京」のうた・こころのうた』
(ミヤオビパブリッシング, 2010年5月)

『新装改訂版 乳幼児のことばの世界』
(宮帯出版社,2014年5月)

『保育における子ども文化』
(わかば社,2014年12月)

『保育職論』
(建帛社,2015年3月)

『パネルシアター保育12ヶ月』
(ミヤオビパブリッシング,2015年10月)

大学紹介