教員プロフィール

教授: 八木 透YAGI Toru

専門分野
民俗学
家族史
備考
教員ホームページ
八木 透 写真
Message

私の研究テーマの第一は、日本と東北アジア各地の夫婦や親子関係の特質を探りながら、児童虐待やDVなどの背景とその解決の糸口を民俗学から考えることです。第二は、日本の民俗行事や民俗芸能の地域的特質を探りながら、近年における変化の構造について考えることです。日本人特有の気質や人間関係について知るために、積極的に国外でのフィールドワークも行っています。

研究課題
日本と東北アジア地域の家族と通過儀礼をめぐる民俗学研究
日本の民俗行事や民俗芸能の現状と変化の構造を探る研究
日本のまつりと祭祀組織の構造を探る研究
略歴
同志社大学文学部卒業
佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了
学位
博士(文学 佛教大学)
所属学会
日本民俗学会
比較家族史学会
日本文化人類学会
京都民俗学会
主な著書・論文
『京のまつりと祈り‐みやこの四季をめぐる民俗』
(昭和堂、2015年)

『新・民俗学を学ぶ』
(昭和堂、2013年)

『男と女の民俗誌』
(吉川弘文館,2008年)

『図解雑学 こんなに面白い民俗学』
(ナツメ社,2004年)

『京都の夏祭りと民俗信仰』
(昭和堂,2002年)

大学紹介