教員プロフィール

教授: 安藤 佳香ANDO Yoshika

専門分野
仏教美術史
安藤 佳香 写真
Message

美術史でもっとも大切なことは、作品を深く正しく鑑賞するこです。そして、歴史家が文字史料を読み込んでいくように、私たちは作品の発するメッセージを感じ、それを他者に伝えていくことを試みます。
京都には各時代に創られた魅力的な作品があふれるように存在しています。ぜひとも多くの名作と出会って、自分自身の鑑賞力と表現力を高めてください。

研究課題
宗教美術に表された植物文様
仏教美術にみられる固有思想の造形
日本古代木彫仏の研究
略歴
奈良女子大学文学部卒業
京都市立芸術大学大学院美術研究科修了
佛教大学大学院文学研究科博士課程修了
学位
博士(文学) 佛教大学
所属学会
美術史学会
美学会
密教図像学会
主な著書・論文
『神の顕現』(『日本の神』3)
(平凡社, 1996年5月)

『佛教荘厳の研究‐グプタ式唐草の東伝‐』
(中央公論美術出版, 2003年2月)

『徳島の文化財』
(徳島新聞社,2007年3月)

「聖通寺千手観音立像について」
(『美術史』125, 1989年3月)

「兵庫大龍寺菩薩形立像(伝如意輪観音)について」
(『国華』1145, 1991年)

新出ダンダンウィリク壁画をめぐって-西域絵画におけるホータン様式を考える-」
(『日中共同ダンダン・ウィリク遺跡学術調査報告書』2007年12月)

大学紹介