教員プロフィール

教授: 安居 幸一郎YASUI Kohichiroh

専門分野
内科学
腫瘍学
肝臓病学
安居 幸一郎 写真
Message

医療のやりがい、医学のおもしろさ、生命の不思議をみなさんへ伝え、みなさんととともに学びたいと思っています。医療にたずさわるものには確かな知識、高いスキル、そして豊かな人間性が求められます。ここで学ぶことのいくつかは、すぐにも社会で役立ち、またいくつかは、すぐには役立たないように見えても、こころの奥底に沈んで、やがて、みなさんの人生を支えることでしょう。

研究課題
消化器癌の病態解明と新規治療法の開発
肝臓病の診断と治療
略歴
1988年 京都府立医科大学 医学部医学科 卒業
2000年 東京医科歯科大学 助手
2006年 京都府立医科大学 講師
2009年 京都府立医科大学 准教授
2018年 佛教大学 教授
学位
医学博士
所属学会
日本内科学会
日本癌学会
日本消化器病学会
日本肝臓学会
主な著書・論文
The native form and maturation process of hepatitis C virus core protein. J Virol 72:6048-6055, 1998.
 
Dynamics of hepatitis C viremia following interferon-alpha administration. J Infect Dis 177:1475-1479, 1998.
 
TFDP1, CUL4A, and CDC16 identified as targets for amplification at 13q34 in hepatocellular carcinomas. Hepatology 35:1476-1484, 2002.
 
Alteration in copy numbers of genes as a mechanism for acquired drug resistance. Cancer Res 64:1403-1410, 2004.
 
Defective expression of polarity protein PAR-3 gene (PARD3) in esophageal squamous cell carcinoma. Oncogene 28:2910-2918, 2009.
 
Characteristics of patients with nonalcoholic steatohepatitis who develop hepatocellular carcinoma. Clin Gastroenterol Hepatol 9:428-433, 2011.
 
ASPP2 suppresses invasion and TGF-β1-induced epithelial-mesenchymal transition by inhibiting Smad7 degradation mediated by E3 ubiquitin ligase ITCH in gastric cancer. Cancer Lett. 398:52-61, 2017.

大学紹介