教員プロフィール

講師: 南 宏信MINAMI Hironobu

専門分野
浄土学
仏教文献学
南 宏信 写真
Message

日常的に仏教的な思想・文化を意識しながら生活する人は稀かもしれません。しかし具体的に学問していくと、日常生活がいかに仏教的な考え方に溢れているかを実感することでしょう。学問には客観的事実がもちろん求められますが、本学の建学の精神である仏教、特に法然上人の思想を学び「私自身のまなざし」を鍛えてみませんか。

研究課題
法然遺文の研究
浄土宗典籍の研究
新羅浄土教の研究
略歴
佛教大学大学院文学研究科博士課程修了
国際仏教学大学院大学 文科省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業研究員(PD)
知恩院浄土宗学研究所 研究助手
学位
博士(文学)
所属学会
日本印度学仏教学会
法然上人研究会
仏教史学会
浄土学研究会
佛教大学仏教学会
東アジア仏教研究会
主な著書・論文
・『書陵部蔵玄一撰無量寿経記・身延文庫蔵義寂撰 無量寿経述記』
(日本古写経研究所、2013年2月)

・法然「選択証誠」と「念仏多善根」
(『東山研究紀要』61、2017年3月)
 
・法然「八種選択義」の淵源-『往生要集』から『選択集』へ-
(『浄土宗学研究』41、20153月)
 
・良忠撰『往生要集』注釈書の成立過程
(『法然仏教とその可能性』、法蔵館、2012年3月)
 
・法然『往生要集』諸釈書の六義について
(『佛教大学大学院紀要』34、2006年3月)

大学紹介