教員プロフィール

実習指導講師: 走井 徳彦HASHIRII Norihiko

専門分野
初等教育
社会科教育
人権教育
走井 徳彦 写真
Message

教育というのは、とてもクリエーティブな仕事です。それだけに難しいところもありますが、だからこそやりがいもあるのです。他の仕事にはない感動もあります。子ども達も、子ども目線で理解し、導いてくれる意欲あふれる先生を待っています。そんな教職を目指す皆さんの夢の実現に向けて、何をどう準備しておけばよいのか、小学校、とりわけ同和校での取組や教育委員会での教員初任者支援、児童相談所での保護児童への学習指導などで得た経験を元に、共に学び共に考えて応援していきたいと思います。

研究課題
教職に対する意欲を高め、資質・能力の向上を目指す支援のあり方
略歴
京都教育大学教育学部第二社会科学科 卒業
京都市立小学校 教諭
京都市教育委員会永松記念教育センター研究課 初任者研修担当
京都市立崇仁小学校・北醍醐小学校 校長
京都市児童福祉センター児童相談所 学習指導員
学位
教育学士
所属学会
京都市社会科教育研究会
主な著書・論文
「ジュニア日本文化検定テキストブック」(共著)
(「歴史都市・京都から学ぶジュニア日本文化検定」推進プロジェクト・京都市教育委員会2006年3月)

児童理解と虐待-児童相談所一時保護所での事例から-」(単著)
(『佛教大学教職支援センター紀要』第7集、2016年3月)

「教育実習の体験と教職に対する意識について」(単著)
(『佛教大学教職支援センター紀要』第8集、2017年3月)

「新しい教職教育講座 第13巻 教育実習・学校体験活動 第7章 小学校教育実習の特質』(単著)
(ミネルヴァ書房、2018年8月)

「教員養成講座実施報告① 「先輩に学ぶ」及び「学校訪問研修」の取組」(単著)
(『佛教大学教職支援センター年報』第2集、2019年3月)

大学紹介