教員プロフィール

准教授: 新井 康友ARAI Yasutomo

専門分野
老人福祉論
新井 康友 写真
Message

私はボランティア活動がきっかけで、大学で社会福祉を学び始めました。大学卒業後は、特別養護老人ホームでは介護職員・生活相談員として、訪問介護事業所ではホームヘルパーとして働きました。現在は大学教員をしていますが、福祉の仕事の醍醐味は今も忘れていません。主な担当科目は「老人福祉論」ですが、その講義のなかで、福祉の仕事の醍醐味を伝えていきたいと思います。
大学の4年間は長いようで、短いです。しかし、さまざまな体験ができるのが大学です。ぜひ、さまざまなことにチャレンジしてください。

研究課題
高齢者の孤立死(社会的孤立)の実態とその予防活動
略歴
特別養護老人ホームで介護職員・生活相談員、訪問介護事業所でホームヘルパーとして勤務。その後、羽衣学園短期大学、羽衣国際大学、中部学院大学を経て、現在に至る。
学位
修士(社会学)
所属学会
日本社会福祉学会
日本高齢者虐待防止学会
社会政策学会
日本介護福祉学会
日本ケアマネジメント学会
日本老年社会科学会
主な著書・論文
(共著)『検証「社会保障改革」-住民の暮らしと地域の実態から-』、自治体研究社、2014年10月

(共著)『社会的孤立問題への挑戦-分析の視座と福祉実践-』、法律文化社、2013年2月

(単著)「孤独死の定義に関する一考察」、社会福祉科学研究所、『社会福祉科学研究』、第3号、2014年6月

(単著)「介護事故の実態に関する一考察-大阪府K市の介護事故報告書を中心に-」、日本介護福祉学会、『介護福祉学』、第16巻第1号、2009年4月

大学紹介