教員プロフィール

准教授: 井上 洋平INOUE Yohei

専門分野
発達心理学
保育・療育の指導
井上 洋平 写真
Message

大学での学びは,みなさん自身の中に少しずつ滲みわたっていき,その後の人生の様々な場面で知らず知らずのうちに生きてくるものです。精神的にも時間的にも大きな展望をもちつつ目の前の事柄に懸命に当たる,それが大学生活の醍醐味ではないでしょうか。

研究課題
機能連関の視点にもとづく発達過程の解明
子どもの発達と保育・療育の課題
幼児における「つじつま合わせ」の発達
略歴
立命館大学大学院社会学研究科博士後期課程 修了
奈良教育大学教育学部 特任講師
奈良教育大学教育学部 特任准教授
福山市立大学教育学部 准教授
学位
博士(社会学)
所属学会
日本発達心理学会
日本保育学会
日本特殊教育学会
日本発達障害学会
日本応用心理学会
心理科学研究会
主な著書・論文
【単行本】
『対人援助学を拓く』(共著)
(晃洋書房、2013年7月)

【論文】
「『発達保障』が提起された時点における理論的到達点:二つの危険性を踏まえた後方視的検討」
(佛教大学社会福祉学部、社会福祉学論集、14号、2018年3月)

「幼児の『口ぐせ』の発達的変化:実習を経験した学生への調査」
(福山市立大学教育学部、福山市立大学教育学部紀要、2巻、2014年3月)

「みたて行動に対する幼児の理解をめぐる研究の課題」
(心理科学研究会、心理科学、32巻1号、2011年6月)

「2,3歳児におけるみたて行動の展開:保育園児を対象とした観察研究」
(立命館産業社会学会、立命館産業社会論集、46巻2号、2010年9月)

「自閉症スペクトラム児のための療育プログラムの開発⑶学童期:『ごっこ』遊びの分析から」
(立命館人間科学研究所、立命館人間科学研究、14号、2007年3月)

大学紹介