教員プロフィール

准教授: 作田 誠一郎SAKUTA Seiichiro

専門分野
少年非行論
教育社会学
犯罪社会学
作田 誠一郎 写真
Message

青少年を取り巻くさまざまな社会現象(少年非行や学校社会、メディアなど)を対象に研究を進めています。社会の動向を敏感に反映する青少年は、現代社会の解読においてさまざまなヒントを与えてくれます。
学生の皆さんは、身近な日常生活に社会学を学ぶきっかけがあるはずです。社会学的な視点から、一緒に身近な社会について再考してみませんか。

研究課題
少年非行史の研究
学校問題に対する社会学的研究
青少年に関する規範意識の研究
略歴
山梨学院短期大学准教授を経て現職
学位
博士(学術)
所属学会
日本社会学会
日本犯罪社会学会
日本教育社会学会
日本社会病理学会
日本社会分析学会
西日本社会学会
主な著書・論文

『近代日本の少年非行史ー「不良少年」観に関する歴史社会学的研究』
(学文社,2018年2月)

「『スクールカースト』における中学生の対人関係といじめ現象」
(佛教大学社会学研究会編,『佛教社会学』第40号, 2016年3月)

「犯罪報道の功罪―マス・メディアが伝える少年非行」
(岡邊健編『犯罪・非行の社会学―常識をとらえなおす視座』有斐閣,2014年3月)

「高校生のいじめ経験における対人意識の特徴と学校社会―同質化する学校空間と対極的な規範意識」
(西日本社会学会編『西日本社会学会年報』第10号,2012年5月)

「メディア報道と少年犯罪―大正期の少年事件と新聞報道」
(日本社会病理学会編『現代の社会病理』第24号,2009年9月)

「精神医学的解釈と非行少年という存在」
(日本社会分析学会編『社会分析』第35号,2008年3月)

大学紹介