教員プロフィール

准教授: 水田 大紀MIZUTA Tomonori

専門分野
イギリス近代史
写真
Message

水にお湯を足すと、冷たさや寒さが緩みます。大学や研究室にもいろいろな温度を持った人たちがやってきます。気持ちのいい温度は人それぞれ。できるだけ、皆が心地よく感じる温度や雰囲気をもった場所を作っていきたいと思っています。単に勉強するだけでなく、大学生活の中で有意義な時間を過ごしていけるよう、一緒に頑張っていきましょう!

研究課題
近代イギリスにおける官僚制度改革
官僚日常生活史
マルタ近代史
略歴
2010年3月 大阪大学大学院文学研究科博士後期課程を修了
2010年4月 日本学術振興会特別研究員PD(京都大学文学研究科)
2010年10月 ロンドン大学歴史学研究所 M.Phil 課程を修了
2012年3月 特別研究員PDを辞退
2012年4月 大阪大学大学院文学研究科に助教として着任
2015年3月 任期満了にともない助教を退職
2015年4月 佛教大学歴史学部に准教授として着任
学位
博士(文学)
所属学会
日本西洋史学会
大阪大学西洋史学会
史学研究会
千葉歴史学会
主な著書・論文
「19世紀後半イギリスにおける官僚制度改革とクラミング―自助による「競争精神」の浸透―」
『西洋史学』第219号 (日本西洋史学会)、17-37頁(2005年12月)

「〝ティーカップ〟のなかの「帝国」――1870-80年代マルタにおける政治改革と言語教育――」
『歴史評論』第692号 (歴史科学評議会)、47-63頁(2007年12月)

「近代イギリス官僚制度改革史再考―調査委員会と官僚たちの同床異夢―」
『史林』第94巻第6号(史学研究会)、31-57頁(2011年11月)

大学紹介