教員プロフィール

教授: 橘髙 眞一郎KITTAKA Shinichiro

専門分野
翻訳研究(日英対照言語学)
英語学(語用論)
英語教育学(文法指導)
橘髙 眞一郎 写真
Message

英語の学習には「あっ、そうだったのか」という「気づかれたインプット」が非常に重要である。他人に教えてもらったことは忘れても、自分の力で学び取ったことは忘れない。受身的な学習だけでは習得には結びつかない。大学での学びは、この「気づき」が重要だ。それが「自ら学ぶ力」、「創造的能力」を涵養する。私の授業では英訳日本文学作品を用い、日本語と英語の違いに焦点を当てて、「何故この部分がこのように英訳されているのか」を徹底的に議論し、「ああ、そうなのか」という気づき体験をしてもらう。そして分析した英文に自分の解釈を加えた朗読を実習することで、自己表現能力(コミュニケーション能力)を鍛える。向上心に燃えた若者たちよ、紫野の学舎に来たれ!

研究課題
非定形節
オノマトペ
自由間接話法
略歴
早稲田大学第一文学部英文科卒業
千葉県立船橋高等学校教諭(千葉県教育庁学校教育部指導課英語科指導員)
佛教大学文学研究科英米文学専攻修士課程修了
国立木更津工業高等専門学校教授
佛教大学文学部英米学科教授
学位
修士(文学)
所属学会
日本文体論学会
大学英語教育学会
日本英語表現学会
日本英語英文学会
日本比較生活文化学会
主な著書・論文
「機能的等価を目指した精読指導 ――英訳日本文学作品を教材に」『文学部論集』佛教大学102. 59-80. 2018.

「英語文学作品における自由間接話法の心的処理」『文学部論集』佛教大学. 101. 65-86. 2017.

「不変性原理から観た短編小説のひねり─O・ヘンリーを中心に─」『英文学論集』佛教大学英文学会. 21. 1-16. 2014.

「文学作品解釈の認知プロセス―文学性の認知図式―」『文学部論集』佛教大学. 95. 57-71. 2011.

「図地反転による文学性の考察」『英文学論集』佛教大学英文学会. 18. 1-12. 2011.

大学紹介